統計データ

育児・子供観察

子どもが将来なりたい職業を考えることの意味

大人が子どもに聞く定番の質問「将来何になりたい?」。 当たり前ですが、いまと昔で、変わったものもあれば、残っているものもあります。 それ以上に気になっていたのは「将来について深く考えるか」という質問結果です。 自分の成人前を思い出して...
育児・子供観察

時代は「言わぬが花」ではなく「和して同ぜず」、ただし学校などでは臨機応変に

いじめのニュースを見聞きしていつも思うのが、閉鎖社会という単語です。 個人個人の悪意は低くとも、集団生活での同調圧力お化けも出現して、結果マズイ状況になる。 日本人特性も根底にはあるとも感じますが、大人になると「そんなことして何になる」...
育児・子供観察

東京の新成人推移、最近は総数が微増に転じていて女性が増加

少し前に「東京23区の新成人は8人に1人が外国人」というニュースが話題となりました。 外国人増加はいまの時代の流れ、新成人の状況も1つの結果でもあると思っています。 そのうえで東京の新成人推移を見ていて、2つ気になる点がありました。 ...
育児・子供観察

人生最後の食事を誰と食べるか、夫婦中心と子ども中心思想について

結婚して子どもを授かると、夫婦中心から否応なく子ども中心の生活が始まります。 乳児期は特に手がかかり、第1子で祖父母サポートなどがなければ、手探り状態で戦場突入。 当然、子ども中心の生活にならざるを得ないというところが実感です。 では...
育児・子供観察

いま、子どもがいる世帯割合はお歳暮と同じ1/4以下

少子化は現代日本では周知の事実です。 子どもがいる世帯数も減少ということですが、どの程度の減少なのか。 子どもの人数別世帯数はどうなっているのか。 結果、お歳暮を毎年贈っている人の割合同様、日本では25%以下です。 日本全体の世帯数...
育児・子供観察

「こども食堂」を都道府県別に見ると、東京のサポートはやはり厚い

最近「子ども食堂」という単語を、よく聞くようになりました。 貧困で家庭で食事がとれないなどの対策でもあり、ここのところとても爆発的に増加しています。 今回は「都道府県別で子ども食堂がどの程度普及」しているかを見ています。 東京に「子ど...
公園

いま、公園は家族とマイカーで行く人が増えている

子どもと公園に行くときの、だれとどんな公園に行くのか。 住んでいる場所が都市かどうか、近くに魅力的な公園があるかなどさまざまな状況はあります。 今回は「だれと」「どのくらいの距離」「どんな交通手段」で、という情報を見てみました。 最近...
公園

いま、公園の清掃は昔に比べどの程度実施されているのか

最近、公園のトイレが以前に比べきれいになっていると感じます。 実際の公園維持管理費はここのところ、社会の財政逼迫の流れと同じく減少しています。 維持管理費が減少しているのにトイレが綺麗ということは、公園が少なくなっているのか。 公園管...
公園

いま、公園はどんな年齢層が利用しているのか

少子高齢化社会の日本において、公園を利用する人は高齢者が多くなっているのか。 結論は、わずかに高齢者の利用割合増えていますが、それほどの増加ではありません。 高齢者に限らずですが、全体来園者の在園時間は伸びているようです。 男女比や年...
公園

公園遊具 過去25年で増えたもの減ったものと危険な遊具

子どものころ、自分がよく遊んだ遊具を最近みかけない。 僕は最近、丸い球形の「地球儀」を見かけなくなったと感じていました。 この25年で、事故発生などが原因で一番減った遊具は「ゆりかご型ぶらんこ」。 時代の変遷とともに遊具は増えているも...
スポンサーリンク