育児・子供観察

育児・子供観察

プログラミングは自分との対話

僕はプログラミングは、この先の人生をサバイブする上で大きな武器と考えています。 ただし、2020年から小学校でプログラミング教育が始まりますが、失敗の匂いしか感じません。 わずかな効果はあるのは当たり前ですが、中途半場すぎていまの親世代...
育児・子供観察

ちゃんと寝る習慣という名の武器

しっかり睡眠時間を取る重要性は、いまや一般常識レベルです。 子どもでも大人でも、睡眠不足がさまざまな問題につながる。 20年間の子どもの睡眠時間推移を見てみると微増です。 当たり前を、当たり前に実行する人が増えていると思っています。 ...
育児・子供観察

一番うれしかったものは何ですか?

自分の子どもが、やりたいことをどこまで許容するのか。 行動ではなく、自分のお金で何かものを買って良いか聞いてきたら。 正解がない典型的な質問で、じっくり考えてみてもグレーになる要素がたくさんです。 何かを実現したり、安価にものが買える...
育児・子供観察

家族に重きを置く現代の母親

ご高齢世代で、働く母親を快く思っていない人も、いまだにいます。 考え方の世代間の格差は、昔から不変の話題で、これもその1つ。 現代の母親は、働く人が3/4という時代です。 そのうえで子どもとの会話時間も以前より増えているのは、人生のウ...
育児・子供観察

お土産不要論者の変心

旅行に行ってお土産を買うか。 身の回り観測ですが、最近はお土産を配らない人が増えています。 職場でも、長期休暇を取る人は増えましたが、どこに行ったか話題にならない、質問しない雰囲気もあります。 他人のプライバシーに踏み込まない、セクハ...
育児・子供観察

お年玉をあげる金額はここ10年で2割増加

自分が子どもの時、お正月の最大の狙いは「お年玉」。 何を買うか空想にふけるのは、12月の中旬以降のお楽しみ。 ここ10年の推移をみてみると、総論、お年玉は増額。 僕は子どもを持ってお年玉に対する想いは変わりました。 子どもにとって年...
育児・子供観察

モノを壊すのも生きたお金

子どもがどれだけモノを壊すのを許容するか。 親の胆力が試される場面です。 「失敗の経験」と考えるとプラス、「物質的」にはマイナス。 「モノより思い出」のコピーは、親になると実感します。 祖父母宅でモノを壊しそうになる 機会があると...
育児・子供観察

いつの間にか箸も使える

子育てで大変だった出来事を、いつの間にか超えている。 一山超えても次の山の子育てなのでつい忘れがちですが、ふとした時「あれ、楽になったのかも」と思う時があります。 子どもが生まれたばかりの0歳の頃の、3時間連続睡眠ができない時期。 振...
育児・子供観察

平凡か異端か

小さな子どもが撮った写真に味がある。 それは、パターン化に対するアンチテーゼのような気もします。 人間の顔が半分しか映っていない写真でも、グッと惹かれる。 何でも大人脳で処理するのが、単に楽をしているだけと思うことが僕はあります。 ...
育児・子供観察

お遊戯会で踊らない子がいても良い

集団からはみ出る子ども。 子どもにとって初めての集団行為かもしれない「お遊戯会」は、そうした子が出る1つの場面です。 うまく踊れる子も、ちょっと外れる子もいる。 子どもが踊らないことは、本人含めだれの責任でもなく、問題ですらありません...
スポンサーリンク