育児・子供観察

育児・子供観察

人生を楽しむために片付ける

都市圏に住んでいて、家の収納スペースに満足する人は少ない。 集合住宅・戸建てにかかわらず、専有面積が限られているので既定路線ではあります。 子どもがいるならモノが増え続けて、時に親の雷が落ちます。 そうは言いつつも、オモチャや想い出の...
育児・子供観察

東京23区ファミリー世帯の2/3はマイカー未保有

1世帯当たりの自動車保有率は、減少時代に入っています。 さまざまな理由が思いつきますが、車への想い入れが減少している点もあります。 子育て時には車があったほうが便利なのは間違いない、東京23区では2/3が未保有。 車が以前より趣味性が...
育児・子供観察

子育て家族の引っ越し熱量は低い

いま、子育てしている世帯が引っ越し希望があるのか、持ち家に住みたいのか。 僕の身近の子育て世帯では移住希望が低いので、全体の流れを調べました。 結果、近年に限った特徴的な何かはなく、一定の割合の人が移住希望し、引っ越ししている。 平均...
育児・子供観察

友達の家に行くとき自分のお菓子を持っていく

子どもが、友達の家に遊びに行く。 いまは昔に比べ、他家へ訪れるのに、ハードルが上がっています。 ママの気苦労は多いですが、行ったら一息つける環境にもなりえます。 子どもは単に遊びたい気持ち全開ですが、その行き来も子どもにとって大事な人...
育児・子供観察

家族の歴史として魔法にかかる

TDR(東京ディズニーリゾート)で、分かっていて魔法にかかる。 独身時代はなるべく行かないようにしていた場所に、子どもができるとそれが行くきっかけになります。 園内で子どもが楽しそうにしている、帰宅後また行きたいという言葉が自然に口から...
育児・子供観察

子どもの成長を観る最適な方法の1つ参観日

子どもの学校行事に親が参観する。 昔から母親の参加率は高かったように思いますが、最近は父親がいる光景が日常になりました。 コロナ過で学校行事が中止になったものもありますが、時代はイベントを大事にする方向に傾いている。 子どものいまを観...
育児・子供観察

いじめに対しトラブル察知能力で対応する

2021年度は2020年度に比べ、いじめ認知件数が15.6%減少しました。 2011年度以降、上昇傾向だったものが、久しぶりに大きく下落。 とは言え、コロナ過の特殊要因がある年なので、好転したとはいえないのが実情です だれしも、加害者...
育児・子供観察

ママの呼び方

子どもを持つ母親(ママ)が周囲から、どう呼ばれるか。 相手との距離感によって変化するものですが、子どもがいるがゆえの特殊な呼び名もあります。 他に、子どもがいる場合の夫からの呼ばれ方や、どう呼ばれたいのか。 夫側はパートナーの呼称は念...
育児・子供観察

学習机市場は下り坂、良いものを買う必要性

学習机市場は減少している。 少子化状況を考えるなら当たり前ですが、単価でみてもそれは変わらず。 2021年はコロナ過やウッドショックなど、社会情勢にも影響される業界。 そういう時にも流れを読んで目的達成できれば、子どもにとって良い経験...
育児・子供観察

風化していく公衆電話ボックスの温もりを思い出す

子どもはボタンがあると、押さないと気が済まない時期があります。 子どもが生まれながらに保有している機能の1つですが、みんなエレベータのボタンを押すのにハマる時期がある。 いまでは見かけなくなった公衆電話ですが、公衆電話とそのボタン、カチ...
スポンサーリンク