子ども

育児・子供観察

Nobody’s perfect

人は不完全。 だれもが知っていて、子育てでも痛感する1つの認識です。 子育てでは、思い通りにならない経験を膨大に積み重ね、たいていの親は自分の出来をそこそこに見積もっている。 さらに踏み込んで、自分が虐待する可能性があると考えておくの...
育児・子供観察

子どもの迷子呼び出し放送が減った

デパートなどでの、子どもの呼び出しを聞かなくなりました。 いまの子育て世代が子ども時代には、きっと頻繁に耳にしていた「黄色い服を着た男の子を預っています」放送。 時代が変わって、迷子になる要因が減ったと僕は考えています。 迷子は大変な...
育児・子供観察

子どもも木も応えてくれる

園芸中は、沈思黙考の時間。 園芸に限った話ではありませんが、ぼんやりあるいはしっかり考える状況は、現代では貴重です。 子育ても同様、子どもの時間に寄り添って、考える時間が発生する。 土いじりと子育ての共通点は、どちらも手を掛ける必要が...
育児・子供観察

子ども時代に泣いておく

泣く子は昔に比べ減ったのか。 数値データが見つけられなかったので、真偽はわかりませんが、体感的にそう感じます。 それは大人も同様で、感情を表に出さないのがスタンダードな社会になりました。 だからこそ、子ども時代に感情発露経験は重要です...
育児・子供観察

社会人としての自立

バリカンが売れている。 巣ごもり需要の1つで、セルフカットも含め、自宅でカットする人が増えました。 子どものカットは、以前から自宅が半数以上でしたが、理美容業界全体はここのところ微減が続いています。 どんな業界に身を置くのか、コロナ過...
育児・子供観察

子どもをじっと見る

長時間、人をじっと見つめる。 大人社会では失礼にあたるためできませんが、子どもをじっと見ることはあります。 大人になると、見られる経験は減少しますが、悲観するものでもなく。 子ども時分に養分を得て、大人になって社会に還元していくのも、...
育児・子供観察

子どもを無事に家まで送り届ける

コロナ過で保育士さんへの感謝が増える。 僕もその気持ちに賛成で、現状の保育はコロナ過で厳しくなっていると思っています。 ただ、非常時とは言え、個人の頑張りに依存しているようでもあり、燃え尽き症候群の心配はあります。 そんな保育士さんに...
育児・子供観察

自分の成功を測る「ものさし」

自分の誕生日を忘れる。 子どもならあり得ませんが、大人は意識的に思い出したくない人もいます。 誕生日に自我全開でアピールしてくる子どもと、日ごろから裏方役の親。 裏方は悲観することではなく、子育ての大半は裏方が正解です。 自分の誕生...
育児・子供観察

子どもの動画視聴時間が伸びることが問題ではない

子どもがYouTubeを見続けてしまうのが心配。 コロナウィルス禍でstay homeが推奨され、自宅でテレビやスマホ、タブレットで動画接触機会が増える。 定額動画配信サービスの普及もあり、いまは魅力的なコンテンツへのアクセスハードルが...
育児・子供観察

子どもも一人の戦友

悪いニュースほど先に伝える。 言いたくない気持ちが頭をもたげますが、伝え方も含め伝えた方がメリットが多い。 どうにもならない状況になってから、伝えられても手遅れになるのは良くあるお話。 家庭内のことなら、パートナーだけではなく、子ども...
スポンサーリンク