ブロック遊びは可能性無限大!ブロック10選

スポンサーリンク
blocks 育児・子供観察

子供のおもちゃのひとつ「ブロック」。
おもちゃと言えば「ブロック」を最初にイメージされる方もいると思います。
単なるおもちゃではなく「知育玩具」と考えているメーカーもあります。
確かに「ブロック」は、一言では表せない魅力にあふれています。

スポンサーリンク

ブロックのメリット

東大生の子供の頃に遊んでいたモノの共通点でいつも上がるブロックや積み木。
なぜブロックが良いかという理由の一つは「集中力強化」。
もちろんブロックは「集中力強化」以外にもイロイロなメリットがあります。

 

▼ブロックのメリット

  • 集中力強化
  • 創造性が育つ
  • 発想力がつく
  • 指先の神経発達・脳刺激
  • 美的感覚の育成
  • 何度でも作れる
  • 3次元の認識強化
  • 作品として保存も可能
  • 後片付けの練習とクセ付け
  • 親子のコミュニケーション
  • 親も楽しめる
  • 自閉症に効果がある

デメリットも考えてみましたが「誤飲」くらいかと思います。

ブロックで何かを作り上げたときの子供の顔を見てください。
自然な笑顔になっていると思います。
しっかりとホメテあげましょう。

ブロックは「集中力」以外にも、作り上げたときの成功体験とともに「挑戦心」もはぐくまれます。
今回作ったものより、次は少しだけ上の挑戦させる。
成功→少しだけ上の挑戦→成功→さらに少しだけ上の挑戦→成功・・・
成長の理想形の一つです。

 

ブロックメーカー10選

ブロックメーカーの10個を以下に並べました。
それぞれのメーカーの中で、比較的小さな子供も遊びやすいと思われるファーストブロックをピックアップアイテムとしてあげています。

レゴ

ブランド名レゴ
会社名レゴ
デンマーク
創業1932年
特徴世界最大のブロック会社
現実のテーマパーク「レゴランド」がある
レゴ社の社員としてレゴビルダーがいる
大きさが以下2種類あり、互換性がある
①小さな子供向け・・・レゴデュプロ
②標準サイズ・・・レゴブロック
シリーズデュプロ
クラシック
ジュニア
フレンズ
シティ
テレビシリーズ
ムービーシリーズ

ニューブロック

ブランド名ニューブロック 
会社名学研ステイフル(学研グループ)
日本
創業1994年
特徴ポリエチレン(合成樹脂)でやわらかい
角が丸い
「#」の形をしている
ST(玩具安全)基準をみたしている
シリーズテーマセットシリーズ
ボトルシリーズ
バッグシリーズ
トーマスシリーズが充実

ダイヤブロック

ブランド名ダイヤブロック
会社名株式会社カワダ
日本
創業1960年代
特徴鉛筆のキャップがスタート
透明パーツが特徴
ダイヤブロックの名前の元でもある
シリーズダイヤブロック
ダイヤブロックジュニア
ダイヤブロックソフト
ナノブロック

チューブロック(Tublock)

ブランド名チューブロック(Tublock)
会社名株式会社チューブロック
日本
創業2016年
特徴最大の特徴はブロックがチューブ型
連結後に回転できる
配管製造の老舗メーカーの新規事業
配管から発生したのがチューブ形状のブロック
シリーズスタンダードセット
施設セット
動物・昆虫セットが有名

ラキュー(LaQ)

ブランド名ラキュー(LaQ)
会社名ヨシリツ株式会社 本社
日本
創業1983年
特徴基本の2種類のパーツに5種類のジョイントパーツのみ
これで平面・立体・球体ができる
ブランド名の「Q」は球体が作れるブロック
球体が作れる究極のブロックと言う意味
形状が難しいので低年齢向きではない
シリーズベーシックセット
LaQパックス
動物・昆虫・恐竜セット
スィートコレクション

メガブロック

ブランド名メガブロック
会社名メガブロック社(日本のバンダイ社と提携)
カナダ
特徴ブランド名の通りブロック自体がとても大きい
接合部分がゆるいので乳児には良い
大きさが以下3種類あり、互換性がある
①小さな子供向け・・・マキシブロック
②①より大きい一般より小さい・・・ミニブロック
③一般サイズ・・・マイクロブロック
レゴデュプロと互換性がある
シリーズアンパンマンシリーズ
仮面ライダーシリーズ
カーズシリーズ
ガンダムシリーズ
建機シリーズ

マグフォーマー

ブランド名マグフォーマー
会社名ボーネルンド
日本
創業1977年
特徴最大の特徴は磁石でくっつける
はめ込む力が不要なので乳児でもOK
平べったいパーツが基本
コレを2次元・3次元で組み立てていく
3次元思考が養われる
シリーズ基本シリーズ
パーツシリーズ
モチーフシリーズ
アクセサリーシリーズ
教材シリーズ

ワミー(Wammy)

ブランド名ワミー(Wammy)
会社名コクヨグループ(旧コクヨS&T)
日本
創業1905年
特徴ポリエチレン製で柔らかい
リボンのような形
角の穴と突起を接合して遊ぶ
中央が空洞、曲げる間を通すができる
カバヤとの協業の食玩も
シリーズベーシックシリーズ
きらきらシリーズ

ブロックラボ

ブランド名ブロックラボ
会社名バンダイ
日本
創業1950年
特徴ブロックにアンパンマンの顔などの絵が書いてある
小さな子供でも組みやすい設計
寝ている赤ちゃんの上で遊ぶシリーズがある
日立製作所との協力、大学とも研究協力
シリーズアンパンマンタウンシリーズ
ファーストブロックシリーズ
ワールドブロックシリーズ
あそんでまなべるシリーズ
ベビラボシリーズ

プラスプラス(PLUSPLUS)

ブランド名プラスプラス(PLUSPLUS)
会社名株式会社ジオジャパン(輸入販売元)
デンマーク
特徴平面をつくってから立体化へ
絵を描くようにブロックをつなげる
パーツの色が鮮やか
大きさが以下2種類ある
①小さな子供向け・・・ミディ(midi)
②標準サイズ・・・ミニ(mini)
シリーズベーシックシリーズ
ネオンシリーズ
パステルシリーズ

個人的に思うこと

批判意見もあるのは承知しての個人的意見ですが、ブロックはある程度のパーツ数がないと楽しめないかも、と思っています。
例えば20個くらいのパーツだけだど、出来上がるものが限られてしまいます。
一定数超えると、できあがるものは「無限」に近くなってきます。
コレはたくさん買い与えてしまうことのデメリットもあるので、ご判断にお任せします。

以前、実家に帰省したさい、親孝行とう名目も含め祖父母にブロックを買ってもらいました。
子供は購入時も絵柄で喜んでいるのが分かりますが、実家に到着してからのこと。

祖父母がいる部屋で4時間ずっとブロックで遊んでいました。

祖父母もそれにはさすがにビックリ。
実際「こんなに集中して遊ぶとは思っても見なかった」と発言しています。

祖父母が自分たちが買い与えたおもちゃでこんなに本気で遊んでくれる・・・親孝行です。
その後ろで僕は「ナイス、アクション!」と、こっそり思っていました。