【成長喪失】いつ卒乳するか、世界的に見て日本は早い

スポンサーリンク
育児・子供観察

授乳をやめる時期がいつなのか。
日本では1年過ぎくらいが大多数で、世界の中では早めです。
世界を地域別でみると、ヨーロッパやアメリカは授乳卒業が早い。
子どもが小さなうちから1人で別部屋で就寝、という話を聞くと納得です。

スポンサーリンク

日本の平均授乳終了月齢(時期)は約14か月

少し古いデータですが、厚生労働省に「日本の授乳」に関する情報がありました。
いつからの[離乳開始月齢]と、[離乳完了月齢]の2つです。


出典:平成22年度乳幼児身体発育調査(厚生労働省)

生後半年より少し前から離乳を開始、1年1か月で離乳完了という結果です。
[離乳開始月齢]が、近年はすこし(1994年と2010年比で0.2か月)遅くなっています。
[離乳完了月齢]はもっと遅く、1994年と2010年比で1.5か月遅くなっています。
離乳経過期間の推移は以下です。


出典:平成22年度乳幼児身体発育調査(厚生労働省)

1994年では出典:世界各国の1歳・2歳時点の授乳割合(ユニセフ)

世界の授乳終了は日本より遅い

日本以外の国の情報がユニセフにありました。
上記の厚生労働省データと軸は違います。
1歳・2歳時点で授乳しているか、という割合の情報です。
地域別と国別の一覧が以下です。

[地域別]1歳時点・2歳時点の授乳割合

1歳時点で授乳2歳時点で授乳
アフリカ79.5%41.1%
南北アメリカ52.6%31.0%
アジア65.7%39.2%
ヨーロッパ33.7%15.0%
オセアニア70.1%58.6%

出典:世界各国の1歳・2歳時点の授乳割合(ユニセフ)

[国別]1歳時点・2歳時点の授乳割合

1歳時点で授乳2歳時点で授乳
Nepal98.1%88.5%
Gambia97.8%42.2%
Burkina Faso97.1%80.1%
Senegal97.1%45.0%
Bangladesh96.0%87.3%
Sierra Leone96.0%47.9%
Benin95.8%45.5%
Rwanda95.6%87.2%
Sri Lanka95.3%86.0%
Burundi95.0%81.4%
Eritrea94.6%72.8%
Ghana94.6%50.1%
Guinea-Bissau94.6%50.9%
Togo94.0%61.4%
Guinea93.5%59.8%
Mali93.0%56.7%
Niger92.6%50.1%
United Republic of Tanzania92.1%43.4%
Bhutan92.0%60.6%
Democratic Republic of the ..92.0%66.3%
Zambia92.0%41.8%
Ethiopia91.8%75.5%
Malawi91.6%71.5%
Zimbabwe91.1%14.2%
Kenya90.4%531.0%
Central African Republic89.5%32.1%
Sudan89.4%48.8%
Madagascar89.0%83.1%
Papua New Guinea89.0%71.6%
Kiribati88.5%81.7%
Cote d’Ivoire88.1%29.0%
Myanmar88.0%64.0%
Chad87.9%65.2%
Liberia87.5%44.2%
Uganda86.9%43.2%
India86.2%71.6%
Mozambique86.0%51.5%
Nigeria85.9%37.1%
São Tome and Principe85.9%24.1%
Solomon Islands85.8%60.0%
Mauritania85.7%39.6%
Angola85.4%41.6%
Guatemala85.3%56.8%
Iran84.2%51.0%
Mongolia82.5%52.6%
South Sudan82.3%38.0%
Pakistan80.6%56.1%
Cambodia80.0%37.1%
Egypt80.0%20.4%
Peru79.6%50.3%
Afghanistan78.4%58.6%
Uzbekistan78.3%37.9%
Democratic People´s Repu..77.9%21.5%
Maldives77.3%68.4%
Indonesia77.2%55.6%
Cabo Verde77.0%12.7%
Haiti76.9%24.9%
Samoa75.9%66.9%
El Salvador74.0%57.0%
Lao People’s Democratic R..73.0%40.0%
Bolivia72.2%37.9%
Oman72.2%48.4%
Tajikistan72.2%37.6%
Lesotho71.2%29.5%
Yemen71.2%45.3%
Ecuador70.5%18.9%
Cameroon70.3%18.5%
Nicaragua69.9%42.6%
Comoros69.7%56.7%
Honduras69.6%43.3%
Turkey68.2%33.9%
Nauru67.7%64.9%
Morocco66.5%25.0%
Philippines66.0%52.3%
Viet Nam65.6%21.8%
Qatar65.0%31.9%
Namibia64.4%21.0%
Turkmenistan64.1%19.5%
Marshall Islands63.8%53.1%
Timor-Leste62.4%39.8%
Congo62.1%11.2%
Somalia60.8%26.8%
Kyrgyzstan60.7%22.5%
Albania60.6%31.0%
Kazakhstan59.8%21.1%
Saudi Arabia59.0%30.0%
Colombia58.5%32.5%
Vanuatu56.4%48.5%
Syrian Arab Republic55.8%24.9%
Guyana55.6%40.9%
Costa Rica54.8%27.5%
Tuvalu54.1%50.6%
Djibouti53.5%18.4%
Panama52.5%34.3%
Equatorial Guinea51.9%4.6%
Belize51.5%35.1%
Iraq51.5%22.7%
South Africa51.4%13.0%
Tonga49.7%30.3%
United Arab Emirates49.7%29.0%
Tunisia49.2%19.1%
Swaziland48.8%7.6%
Republic of Moldova48.4%12.2%
Paraguay48.2%21.0%
Brazil47.5%26.0%
Algeria46.7%26.6%
Argentina46.6%29.1%
Mexico45.8%24.4%
Gabon45.4%3.9%
Jamaica44.4%31.2%
Jordan43.5%12.9%
Azerbaijan42.9%16.2%
Cuba39.1%24.0%
Ukraine37.9%22.0%
Georgia36.5%16.6%
Botswana36.3%5.9%
Armenia36.0%21.6%
Lebanon34.7%10.6%
The former Yugoslav Repu..33.8%12.8%
Trinidad and Tobago33.8%22.4%
Thailand33.3%15.6%
Dominican Republic31.2%12.4%
Belarus27.9%11.5%
China27.9%7.5%
Serbia24.6%8.9%
Montenegro23.9%9.0%
Suriname22.7%14.9%
Kuwait21.0%9.0%
Bosnia and Herzegovina12.4%12.2%
United States of America8.7%6.1%

出典:世界各国の1歳・2歳時点の授乳割合(ユニセフ)

地域別に見た時、たいていの方が想像される通り、ヨーロッパの授乳終了が速いということ。
ヨーロッパは1歳時点で授乳している人は33.7%、2歳時点では15%。
国別最下位がアメリカで、欧米というくくりがある通り、低い割合です。

1歳時点で授乳者が一番高い地域はアフリカの79.5%、5人中4人が1歳時点で授乳しています。
2歳時点で1位はアフリカではなく、オセアニアで58.6%、5人中3人が授乳しています。

全体平均(世界平均)は1歳時点で60.3%、2歳時点で37.0%。
アジアは世界平均に近く、1歳時点で65.7%、2歳時点で39.2%。

日本はアジアの中でも早く授乳が終わる国のようです。

わが家は2歳過ぎで卒乳

わが家は2歳過ぎで卒乳、日本平均・世界平均より遅めと言う事です。
断乳ではなく卒乳でした。

当時、それに関する書籍やインターネットと、いろいろな情報に目を通しました。
卒乳を早めることで、自立を促すという情報もありました。
逆に、世界的に見て授乳が重要というお話も聞きました。

その中で、わが家が2歳過ぎまでだった理由は、特に止める理由がなかったというところです。
積極的選択ではなかった、とも言えます。

子どもの発育の速度と同じく、乳幼児期は正直、あせってもしょうがないのでは、という気持ちが根底にあります。
ある程度、外部サポートで速度を速めることも時には良いこともありますが、この時期は詰め込みは合わない子の方が多いと思っています。

わが家では全体方針として、少し甘いと言われてもできるだけ受け入れる姿勢でした。
自分が親バカなのは自覚していますが、その子のデコボコの気質をなるべく尊重したい。

では、誰かに授乳をやめるタイミングを相談されたら、何と答えるか。

卒乳タイミングは状況に応じて

上に書いた通り、僕は授乳に関して、それなりに情報を集めていました。
その中で1つ思っていたのが、不毛な論争が多い、という感想です。
完母神話や、断乳・卒乳論争、早くても遅くても良くない、というようなものです。

僕が知る限り、これらの論争で正解はない、その後の人生で大差がないというのが現時点の世界の結論です。
大差ないのであれば、現実に合わせれば良いと思っています。

例えばママがフルタイム就業のような環境なら、授乳終了時期が速まることは当たり前です。
各家庭、それぞれが違った状況での判断、それを外野が口を挟むのは無責任。
アドバイスはアリですが、強制はあってはならないといつも思います。

卒乳準備や方法についても、いくつかの情報を自分で集め、自分たちに合う方法を選択することがポイントだと思っています。
ただ方法論よりも、考えた方が良い点は「子どもとママの気持ち」なのではとも思っています。
子どもは月齢によって自分で判断できないかもしれないので、そのときはしょうがない。
でもできるだけ「この日に終わろうね」と子どもと話しておくのは、わが家では効果があったと思っています。

あとは、ママも1つの区切りになる気もするので、そこも考える点だと思います。
と言っても、僕は男なのでこの辺は本当に想像でしかないです。

さいごに

育児の中で最大ともいえる男女差の1つが「授乳」。
僕は(粉)ミルクを与えることはありましたが、添い寝授乳のあの母子の姿は、特別なものだと知りました。
わが家では1度目の卒乳は失敗、2度目で比較的穏やかに卒業でました。
その時には僕の奥様に本当にお疲れさまでした、という気持ちを持った記憶があります。

授乳卒業は1つの節目。
「コレで終わりだよ」という言葉とともに最後の授乳の母子の姿をそばで見ていて、僕はウルっとしていました。