【公園徹底攻略】南大塚からたち公園 ジャングルジムとアスレチック要素が詰まった大型複合遊具

スポンサーリンク
公園

東京都豊島区にある「南大塚からたち公園」。
面積は小さいですが、高さのあるジャングルジム要素の入った複合遊具が目を引きます。
以前は、南大塚二丁目第1児童遊園であった場所で、1993年に改修して開園した公園。
シダレザクラやサルスベリなどの、四季を感じられる公園です。

スポンサーリンク

遊具


高さも幅もある複合遊具(コンビネーション遊具)。
ブランコも、つながっています。
アスレチック要素もあり、画像通り、子ども達は一生懸命。
手前に素ブリング式遊具もあります。

 


鉄棒。

 


砂場、
小さめです。

■基本情報

公園名南大塚からたち公園(みなみおおつかからたちこうえん)
住所東京都豊島区南大塚2-5-1
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積954平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東京メトロ丸の内線 新大塚駅 徒歩9分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト南大塚からたち公園


公園規模のわりにトイレはしっかりしています。

 


広場もそれなりの広さがあります。

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

園名はの由来は山田耕筰の詩「からたちの花」・
そのカラタチの生垣が、南大塚にあったことからこの公園名になりました。

1,000平方メートルもない公園なので、小さめの公園に属すると思います。
それでも遊具はしっかりあり、広場もある。
トイレが綺麗なのも、1993年開園ならではかもしれません。