【年中行事】水無月とは水の月のこと「6月」

スポンサーリンク
ライフハック・節約

国民の祝日が1日もない「6月」。気温も高くなってくる季節です。そして梅雨で湿度も高くなり、カビに注意の季節。日本の文化・風習・現代イベントのうち、6月に実施されるものをまとめました。

スポンサーリンク

6月の年中行事一覧

日にち行事名・イベント名説明食べ物子ども関連
1日衣替え
6日頃芒種二十四節気のひとつ、芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節
10日時の記念日
11日頃入梅暦の上での梅雨入り
2019年は6月11日
16日和菓子の日嘉祥菓子
第3日曜日父の日
21日頃夏至一年で最も昼が長い日
2019年は6月22日
23日慰霊の日(沖縄県)
6月末夏越の祓(なごしのはらえ)(京都)年越しから半年経過した日に穢れを祓う神事和菓子「水無月」

ピックアップ

時の記念日(6月10日)

1920年に国立天文台によって制定された記念日。
それ以前の日本人は時間にルーズと言われていた。
「時間を守り、欧米並みに生活改善、合理化をはかろう」という意図の記念日。

入梅(6月11日頃)

梅雨(つゆ)の季節にはいること。
入梅は暦の上で決められたもの。
実際の気象用語の「梅雨入り」は地域によって異なる。

和菓子の日(6月16日)

全国和菓子協会が定めた和菓子の日。
9世紀に、厄除け・健康招福を願って16個の菓子を神前に供えたものが由来。
現代は7種類(1と6を足した数字)の菓子を食べる行事。

 

そのほかの情報

6月の名称

水無月(みなづき)
田無月(たなしづき)
暑月(しょげつ)

6月の季語

初夏
入梅
深緑

6月の誕生花・花言葉

誕生花=カスミソウ
花言葉=清らかな心、無邪気、親切

誕生花=アジサイ
花言葉=移り気、辛抱強さ、冷酷

6月の誕生石 ・石言葉

誕生石=パール(真珠)
石言葉=純潔、健康、長寿、富

まとめ

6月は梅雨の時期ですが、「水無月(みなづき)」です。漢字のまま読むと水が無い月なので、違和感を感じます。

「水無月」の「無」は「の」という意味とのこと。「水の月」という事で、納得です。

「年越し」という言葉は、たいていの方はご存知だと思います。その半年後にあたるのが6月で、「夏越」という言葉があるそうです。

今年も半分が過ぎたということです。