【公園徹底攻略】富久さくら公園 歴史の1ページのサクラ

スポンサーリンク
公園

東京都新宿区にある「富久さくら公園」。
2009年にオープンした新しい公園です。
地域住民「考える会 約30名」が全5回の打ち合わせの後できた公園。
緊急時の一時避難場所としての役割も担っています。

スポンサーリンク

富久さくら公園の遊具


高さのある複数滑り台がある複合遊具。
黄色いとんがり帽子が目印。
クモの巣アスレチックもついています。

 


ブランコ。

 


スプリング式遊具、3つ。
ブルドーザーと4輪バギーは珍しい。

 


四角い柵に囲まれた砂場。
砂場の中には放置系のスコップなど。
そして柵4面それぞれに、壁掛け遊具もついたもの。

 


生き物が住みやすいような水場(ビオトープ池)。
じゃぶじゃぶ池ではありません。

 

基本情報

公園名富久さくら公園(とみひささくらこうえん)
住所東京都新宿区富久町21
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積4,551平方メートル
駐車場なし
交通アクセス都営新宿線 曙橋駅 徒歩約14分
授乳施設なし
オムツ替え公園トイレ内にオムツ替え台あり
公式サイト富久さくら公園




かなり新しくキレイ、立派なトイレです。
オムツ替えの台もあります。
防災用トイレでもあります。

 


健康器具系。

 


桜の木とサクラの案内板。
この桜の木は、1951年にサンフランシスコ講和条約が調印記念で植えられたもの。
歴史の1ページです。

 


かまどベンチもあります。
防災公園ということです。
この公園その他の防災設備として、井戸、ソーラー照明灯、貯水槽、防火水槽があります。

 

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設☆☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

この公園は、サクラの名所でもあります。
サクラの案内板があるのもうなずけます。

この公園の近くに「弁天湯」という半世紀上の歴史のある銭湯があります。
その弁天湯の壁画にこのさくら公園の風景が描かれています。

公園で遊んだ後、歴史のある銭湯で汗を流す。
かなり魅力的なコースです。

ではでは。

◆今回のまとめ◆高層マンションに囲まれた中規模面積の公園
防災公園の役割も担っている
サクラには歴史がある