雪山デビュー・雪山アクティビティーと行き先10選

スポンサーリンク
スキー・スノーボード

何歳からスキー場デビューさせるのか。
今は小さな子どもを受け入れて入れるスキー場がたくさんあります。
その中から10箇所、小さな子どもも楽しめるスキー場を選びました。
スノーアクティビティ10選とともに紹介します。

スポンサーリンク

スノーアクティビティ 10選

雪山で遊ぶための道具類を10個、選びました。
下に行くほど対象年齢が高くなっていきます。
画像はその下を製品紹介部分でご覧ください。

雪を利用した擬似砂遊び 砂場遊びの雪バージョンです
雪球・雪だるま制作 雪だまをたくさんつくったり、大きくして雪だるまにしたり
かまくら制作 中はあったかいです
ソリ すべりの第1歩
進化系ソリ ハンドルやブレーキがついているソリの進化系
スノーストライダー ストライダーにオプションパーツをつけて雪上走行
スノーチュービング 1人乗り浮き輪で滑る
スノーラフティング 複数人ゴムボートをスノーモービルで引っ張ってもらう
スノーシュー 雪上を専用器具をはいてお散歩
スノーモービル 子どもが自分でスノーモービル運転

 

▼製品紹介

created by Rinker
アガツマ(AGATSUMA)
¥1,046 (2019/10/21 17:03:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Kaiser(カイザー)
¥1,430 (2019/10/21 17:03:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥585 (2019/10/21 17:03:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,200 (2019/10/21 17:03:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ATLAS(アトラス)
¥10,780 (2019/10/21 17:03:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スティーガ(STIGA)
¥58,195 (2019/10/21 17:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

関東からの行き先 10選

東京からのアクセスを基本に選んでいます。
小さな子どもも遊べるスキー場がたくさんあります。
有料ですが託児施設まであるところもあります。

スキー場名 所在県 託児所 特徴
軽井沢スノーパーク 群馬県 有(有料) ・屋内キッズルームがある
・スノーチュービングがある
・ストライダーコースがある
・標高5Mのプチあさま山がある
・雪上ドッグランがある
水上高原スキーリゾート 群馬県 有(有料) ピカチュウキンダガーテン
(雪上の複数遊具の集まり)
・犬ぞりに乗ることが出来る
・様々なスノー系乗り物がある
・かまくらがある
かたしな高原スキー場 群馬県 ミッフィーオフィシャル
・圧雪車に乗れる
・プレイリーダーがいる
・雪山滑り台がある
・ストライダーコースがある
GALA湯沢スキー場 新潟県 有(有料) 電車で駅直結
・雪あそびコーナーがある
・ソリあそびゲレンデがある
・キッズ向けスクールがある
(スポンジ・ボブ スクール)
・温泉やプールが直結
湯沢中里スノーリゾート 新潟県 ・ファミリー向け無料休憩所がある
・屋内ボールプールがある
・動く歩道が設置されている
・雪上アスレチックがある
・スノーラフティングがある
・専用そりゲレンデがある
ハンターマウンテン塩原 栃木県 ・屋内休憩スペースがある
・動く歩道が設置されている
・スノーチュービングがある
・ストライダーコースがある
・専用そりゲレンデがある
・屋外遊具が豊富
ふじてんスノーリゾート 山梨県 有(有料) ・ファミリー向け無料休憩所がある
・専用そりゲレンデがある
・子供用トイレがある
・雪で作られたミニ富士がある
東京から車でアクセスが良い
カムイみさかスキー場 山梨県 ・キッズ向けスクールがある
・専用そりゲレンデがある
・動く歩道が設置されている
東京から車でアクセスが良い
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳 長野県 ・屋内休憩スペースで遊べる
・ベビーベッドなどがある
・トイレも子ども用台がある
・子供用料理が充実している
・ミルク用お湯がいただける
・土日15:00お菓子配り
佐久スキーガーデン 「パラダ」 長野県 有(有料) ・ソリ専用ゲレンデがある
・動く歩道が設置されている
・チュービングコースがある

子どもが小さいうちは長時間の雪上は厳しいかもしれません。
うまく屋内施設を使って行きたいトコロです。

子どもの服装と持ち物

最重要の服と足元。
雪山で風邪を引くというのはなるべくなくしたいトコロです。

服装

品名 重要度 コメント
スノーウェア ★★★★★
中間着 ★★★★★ ハイネック系は○
インナー ★★★★★
スノーブーツ ★★★★★
雪用手袋 ★★★★★
帽子 ★★★★★ ニット帽が基本
ゴーグル ★★★★★ 嫌がる場合はしょうがない
マフラー ★★★★☆ ハイネックで代用

服装の注意点

  • スノーウェア
    ワンピースタイプと、セパレートタイプがあります。
    個人的にはワンピースがオススメです。
    理由は腰まわりからの雪の進入が防げるためです。
    デメリットはトイレの時に手間がかかります。
  • スノーブーツ
    スノーブーツ系ではなく長靴という選択肢もあります。
    が長靴は長時間は足先が冷えるため止めたほうが良いです。
    子どもは温度に鈍感で、楽しくなると時間を忘れるので注意です。
    ボアがついたものであれば、ある程度は大丈夫です。

持ち物

品名 重要度 コメント
日焼け止め ★★★★★ 雪山の紫外線は本当に強いです
水筒 ★★★★★ 暖かい飲み物を入れておく
食べ物 ★★★★★ お菓子・パン・オニギリ
ハンドタオル ★★★★☆
小物入れの袋 ★★★★☆ ビニール袋、密閉式は○
保険証 ★★★★★
テント・シート ★★★☆☆ 休憩や食事などのときに
カイロ ★★★☆☆
着替え ★★★★☆
靴下(予備) ★★★★★
タオル・バスタオル ★★★☆☆

まとめ

独身時代はまったく気にかけなかったキッズ向けアクティビティ。
子どもができると、子ども優先になるため視点が変わります。

囲われたエリアのスノーパークでソリを初めとした雪遊び。
ストライダーOKというスキー場がいくつかあるのが今の時代の1つの流れ。

2000年以前はスキー場は結構な人でにぎわっていました。
当時は「リフト待ち」という、リフトに乗るまでしばらく待つと言う行為がありました。
長いときには30分待つなど。
それが今では、ほぼ見られない光景です。

スキー・スノーボード人口は最盛期の1/3
スキー人口が減少していると言う話はよく聞きます。 実際にゲレンデでも「リフト待ち」という状況に、ほとんど会わなくなりました。 最盛期に比べ、スキー人口はどの程度減少しているのか、売上減少情報や閉鎖スキー場情報と共に調べてみました。 ス...

 

そもそもなぜスキー場に行くのか。
2000年以前は「人気があるものに人気が集中」傾向がありました。
クリスマスにはカップルでイタリアンレストランに行くとか。

スキー人口減少の要因は、可処分所得減少とスマホでしょうか。
あとマイカー所有率低下というのも特に東京では理由になりそうです。
お金がかかるスキー場に、なんで寒い思いをしてわざわざ行くのか?

僕自身は何の音もしない雪山は、それだけで価値があると思っています。
スキー場ではない雪山に自分の足で入っていって、温かいコーヒーを飲む。
スゴク贅沢なことだと思っていますし、子どもにも経験してもらいたいと思っています。
好きになるかは本人の自由。

滑り台が好きな子どもは、たぶんソリも大好き。
頑張って雪山に連れて行った。
・・・が雪がイヤでギャン泣きというのはよくある話です。