育児・子供観察

言葉にするといつも的外れ

伝えることの奥深さと難しさ。 どれだけ熟考しても、100%気持ちを言い表せる言葉を発するのは、蜃気楼のようで、いつも中心から少しずれている感じがあります。 それでも言葉を知らなければ、それがより的外れになっていく。 考えること自体が言...
ライフハック・節約

自分の言葉に縛られる良さ

婚姻組数は、この先も右肩下がり予測。 若者が減り、結婚に意味を見いださない人も増えているので、予定調和です。 僕は結婚生活を継続していますが、人に結婚を薦められるかといえば、良し悪し両面で悩んでしまう。 そのうえで、結婚するのであれば...
ライフハック・節約

本気の相談は疲れる

キャリア相談をする。 年齢や状況によって目指すところは異なりますが、ぼんやりして取り残される不安の打開策としては一般的です。 相談を受ける側も昔と違い、いまは一緒に考える姿勢で臨む。 相談後にドッと疲れるくらいしっかり話す経験は、相談...
育児・子供観察

習い事をするしないは毎日の楽しさと無関係

いまの子ども達は、複数の習い事をしている。 それを否定的に考える人もいますが、子ども達の幸福感アンケート結果では、一概にそうとは言えず。 習い事が、子どもの世界を狭めるのか、広げるのかは答えはありません 子どもが楽しんでいるのなら、理...
育児・子供観察

奥様は宇宙人

車のハンドルの遊びは、運転するとき、人間側が運転しやすいように設定されたマージンです。 人生も遊びが必要ですが、何かに追われ続ける現代では余裕を持つのもなかなかに難しい。 とはいえ、長い目で見ると遊び要素は不可欠で、四角四面で生きていけ...
育児・子供観察

正義のヒーローになりたい子ども

「男らしい」や「女性らしい」の価値観に縛られる。 いまはジェンダーレスが世界標準なので、声高に叫ぶのははばかられます。 それでも子ども達を見ていると、そこかしこにジェンダー的な部分はいまも残っている。 全体ではジェンダーレスが基本です...
育児・子供観察

やらない選択

引継ぎ時に、どの程度のマニュアルを用意するか。 日本の会社は、比較的しっかりとした引継ぎ文化がありますが、欧米はそうでもなく。 ただ、マニュアルがあれば良いというものでもなく、引継ぎ時には変化を起こす良いタイミングです。 明文化できな...
育児・子供観察

いまが最低、あとは登るだけ

縄跳びの飛び方を子どもに教える。 やってみると分かりますが、普通に前飛びできる大人なら、最初は何を教えれば良いか悩みます。 できると教えるの間に、大きな差があることを知り、段階をおって1段ずつ階段を上る。 根気よく続けると、子どもにも...
育児・子供観察

身近なヒーロー「火消し職人」

企業において、期変わりタイミングで発生する異動。 出ていく方も残される方も、変化が発生します。 中でも、変化が激しい炎上プロジェクトへ、投入され続ける人がいます。 そこでプラス実績を残し続けるためには、それなりのポテンシャルが必要です...
育児・子供観察

スマートなギバーを目指す

子育てしたり、組織で管理職になると、受け取るものと与えるものを意識します。 現代で成功する人は与える人の研究結果があり、実際に社会を見渡してみると、その通りだと感じます。 自分の奥様や旦那様と、相互に授受するバランス配分は、難しくも調和...
スポンサーリンク