育児・子供観察

「無知の知」は子育てでもオンボーディングでも同じ

在宅勤務(リモートワーク)になると、より難しくなる新規参加メンバーの組織への溶け込み(オンボーディング)。 顔を突き合わせていれば自然にできていたことが、リモートワークになると難しい。 中でもコミュニケーションを求める人が一定数いるのは...
育児・子供観察

アピールする子どもとアピールしない大人

他人にアピールする。 大人になると少なくなりますが、子どもはしっかりアピールしてきます。 その清々しいくらいの気持ち良いアピールが、いつの間にか大人になるとなくなる。 ただ、実社会では適度なアピールが必要なのは、一定の状況になると分か...
育児・子供観察

うまい負け方を身に着けておく

子どもがゲームなどで負けて泣く。 負けん気の強い単なる気質なので、悪いことではなく受け入れつつ、どうやって現実とすり合わせていくかのお話です。 人生で負けは必ず発生します。 うまい負け方を身に着けておくのは、生きやすさにもつながります...
育児・子供観察

手抜きではなくどこに力を入れるか

日常的な料理に時間をかけない。 何かしらに追い立てられる現代では、一般的な発想だと感じます。 子育て期は特に、時間がないのは万人がうなずくこと。 時間を大切にするために、手を抜くというより、手を掛ける場所を厳選する発想は大事です。 ...
育児・子供観察

子育て期のスイマセンの意味

子育てすると「スイマセン」を良く使う。 自分の子どもといて、そうしたシチュエーションに、子育て期は頻繁に遭遇します。 謝罪の意味ではないことも多く、その場を円滑に回すためにの方便として使っている。 それが生きる美しさと感じるようになっ...
育児・子供観察

まずは調和点を目指す

調和点を探る。 他人との関係性維持や会社の取引はもちろん、家族内でも必要な行為です。 他人は自分とは違う。 折衷できるのであればそこを目指し、そうでなければ違う方向性に進むだけです。 夫婦のお互いの不満 架空の設定として、掃除好き...
育児・子供観察

答えを導き出す経験

正解のない状況で答えを出す。 コロナ過での外出自粛の中、実家に帰省するか。 全体最適を考えると「否」ですが、厳格なルールがないうえで、個人の事情は千差万別です。 そういうものこそ、子どもと考えるには良いネタです。 部分最適と全体最適...
育児・子供観察

意識して横道に逸れる

周囲に人がいない在宅勤務(リモートワーク)。 チャットツールなどで、同僚との接点はありますが、自宅という環境は出社時と違います。 一人の環境でも、仕事で結果を出す。 これは在宅ワークで再確認されただけで、昔も今もこれからも、普通に求め...
育児・子供観察

Nobody’s perfect

人は不完全。 だれもが知っていて、子育てでも痛感する1つの認識です。 子育てでは、思い通りにならない経験を膨大に積み重ね、たいていの親は自分の出来をそこそこに見積もっている。 さらに踏み込んで、自分が虐待する可能性があると考えておくの...
育児・子供観察

子どもの迷子呼び出し放送が減った

デパートなどでの、子どもの呼び出しを聞かなくなりました。 いまの子育て世代が子ども時代には、きっと頻繁に耳にしていた「黄色い服を着た男の子を預っています」放送。 時代が変わって、迷子になる要因が減ったと僕は考えています。 迷子は大変な...
スポンサーリンク