【公園徹底攻略】錦華公園 夏目漱石ゆかりのやや暗い公園

スポンサーリンク
公園

東京都千代田区にある「錦華公園(にしきはなこうえん)」。
オブジェ型というか造形美あふれる砂場が特徴的です。
もともとは大名屋敷の庭園であった。
歴史としては夏目漱石さんも隣接の錦華小学校で学んだという公園です。

スポンサーリンク

遊具


象徴的なモニュメントが真ん中にある、大型の砂場。

 


ロッキングチェア。

 


ブランコ。

 


公園全体、広場も結構広いです。

 


ステージでしょうか。

基本情報

公園名錦華公園(にしきはなこうえん)
住所東京都千代田区猿楽町1-1-2
開園時間なし
休園日なし
電話
料金無料
面積2,180平方メートル
駐車場なし
交通アクセス各線 神田駅 徒歩3分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト錦華公園


トイレ。
樹木が周りにあるので、夜は要注意。

 


公園内にこうした小川のようなものもあります。

個人的評価

総合評価★★☆☆☆
子ども楽しさ度★★☆☆☆
その他の施設★★☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

公園内には夏目漱石さんの「吾輩は猫である」の石碑があります。
やや暗い場所というのが、この付近ではめずらしい。
といっても、樹木が生い茂っている暗さで、周りのビルだらけなので都会のオアシスです。
明るい話題としてはユーミンの『白い朝まで』に出てくる「都会の公園」はこの公園です。

この公園、隣に幼稚園と錦華小学校があります。
明治大学もそばにあります。
そして付近は有名な古本屋街。
三省堂など大型書店もあります。

文学の匂いがする公園、かもしれません。