【公園徹底攻略】大泉交通公園 奥まった位置にある素晴らしい交通公園

スポンサーリンク
公園

東京都練馬区にある「大泉交通公園」。
東京23区内ですが、地図上はギリギリの23区内。
そのためアクセスにやや難がありますが、内容の充実度は素晴らしい。
都内にある数ある交通公園の中でも、間違いなく最上位ランクです。

スポンサーリンク

遊具など


機関車型のコンクリート遊具。
どこの公園でもコレは小さな子どもは大興奮です。

 


2方向滑り台。

 


円形の砂場。
この時は風船が屋根にぶら下がっていました。

 


スプリング式遊具。
車の形、交通公園らしいです。

 


ブランコ、2台。

 


ゴーカート横に置いてある、落書き用黒板。
コレは意外に役立ちます。
ゴーカートは人気、待ち時間などで手持無沙汰の子どもに人気。

 


じゃぶじゃぶ池。
通路の部分と、円形の部分でかなりの面積です。

 

交通公園


管理事務所。

 


のりもの受付。
ココで備え付けの所定の用紙に記入して提出します。

 


これが『のりもの申込書』。

 


すぐ横の受付のポストみたいなところに投函で、乗り物に乗ってOK。

 


自転車です。
中学生以下が対象で、約60台あります。

 


ゴーカートです。
小学生以下が対象で、約10台あります。

 


ヘルメットも借りられます。

 


自転車コースのルール。
自転車コースとゴーカートコースは分離されています。

 


本格的な交差点。
信号もたくさんあります。

 


しっかりした自転車コース。
標識もちゃんとしています。

 


ゴーカートコースのルール。

 


ここがゴーカートコース乗り場。
ベンチ併設で、子ども達がここで待ちます。

 


トンネルコース。
ちょっと考えられないくらいの設備。

 


交通公園にほぼある、標識看板。

 

そのほかの施設


トイレです。
レンガ造り風で、とても印象的。
中にオムツ替えの台があります。

 


トイレ壁面にも案内図があります。

 


小高い丘の部分がピクニックエリア。

 


ピクニックエリアから奥側にわたる橋。

 


奥側には東屋や銅像があり、休憩ができます。

 


管理事務所横、じゃぶじゃぶ池の横のベンチ。

 


円形花壇。

 


ゴーカート乗り場のそばにある飲み水機。
小さな子どもの事を考えた造りです。

 


自転車置き場です。
面積も大きく、屋根もついています。

 

基本情報

公園名大泉交通公園(おおいずみこうつうこうえん)
住所東京都練馬区南大泉6-16-1
開園時間9:00~17:00
休園日12/29~1/3
電話03-3924-0996
料金無料
面積8,141平方メートル
駐車場なし
交通アクセス西武池袋線 保谷駅 徒歩10分
授乳施設なし(事務所に申し出れば利用可能)
オムツ替えトイレにオムツ替え台アリ
公式サイト大泉交通公園

個人的評価

総合評価★★★★☆
子ども楽しさ度★★★★☆
その他の施設★★★☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★☆☆☆

この公園、アクセスがちょっと厄介です。
最寄駅からもそれなりに距離があり、場所もやや複雑。
スマホ地図案内を使えば問題ないですが、この点がデメリットと言えます。

ですが、それ以外はとても魅力あふれる公園。
僕は10以上の交通公園を見てきましたが、ココの交通公園はバランスが素晴らしい。
理由は施設の充実度、管理など付近の子ども達はその恩恵を受けやすいところです。

乗り物はとてもたくさんあり、年齢別に用意されています。
ヘルメットも借りられ、料金が無料。
コースもとても長いです。

あとは管理人さんがしっかり目を光らせています。
少しでもコースを逸れたり、逆走すると、すぐに注意されます。
若干、今の時代には厳しめかもしれませんが、交通安全を考えれば僕は当たり前でしょう。

夏は大型のじゃぶじゃぶ池で遊べますし、家族でランチピクニックもできます。
施設全体、とても綺麗です。

場所が東京23区のギリギリという立地でなけば、相当の人気が予想される公園です。