日本人の海外留学生は減少ではなく増加

スポンサーリンク
統計データ

少し前、日本人の海外留学生が減っていると言うニュースを見ました。
もともとそれほど多い人数ではないと思ってたのですが、気になって調べてみました。
結果は「近年は増加」している。
留学先上位10国や、アメリカ大学の学費推移とともにまとめました。

スポンサーリンク

日本人の海外留学生は近年増えている

どこかで見たニュースで「日本人の海外留学生が減っている」と言う内容。
調べたところその元ネタはOECD(経済協力開発機構)の以下のグラフです。


出典:「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(文部科学省)

たしかにこのグラフでは2000年台に比べ、2010年は減少しています。
OECDは減少理由として「内向き志向」と「海外に出るリスク回避」を挙げています

身の回りを観測してみても、納得できるような、納得できないような。
身軽にどこでも行っている人もいますし、ディフェンシブな生活をしている人もいます。
多様性な社会になっている感覚はありますが、留学生の増減につながるかといわれると、納得感はありません。

留学生が減少する要因として、OECDの2つの理由以外に考えてみました。
ですが、イマイチ説得力がありません。

・親の所得低下(=近年の奨学金需給率の激増)などの金銭的な理由
富裕層師弟がもともとの対象層ならいまも一定数の富裕層はいる
本気で海外留学する人は自分でなんとかする
・スマホ普及で手軽にイロイロ完結

 


出典:「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(文部科学省)

対して、独立行政法人日本学生支援機構の調査による結果が上記です。
2009年から2016年の留学生数ですが、明らかに増加しています。
2008年以前のデータは集計していなかったとのこと。

このグラフは期間は短期から長期まで含まれている合計数。
期間別の留学生数が以下です。

 


出典:「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(文部科学省)

2009年に比べ、2016年はすべての留学期間階層で増加しています。
留学生数が一番多いのが[1か月未満]、一番少ないのが[1年以上]の長期。
少なくともニュースで僕が認識していた「留学生数は減っている」のは間違いでした。

18歳人口比で考えると減っているのか


出典:「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(文部科学省)
出典:18歳人口と高等教育機関への進学率等の推移(内閣府)

先ほどの留学生合計数をその年の18歳人口で割ったものが上のグラフです。
留学生は18歳限定ではないので、傾向をみるだけの参考値です。
それでも、割合は増加しています。
それも2009年と2016年比では約2.7倍です。

結論はやはり「日本人の海外留学生数は増えている」でした。
参考までに世界の留学生数の推移はどうなっているのか。

 


出典:Education at a Glance(OECD)

世界全体の留学生数、縦軸が100万人なので、2015年は460万人です。
世界全体の人数の流れは「微増」です。

日本人留学生の留学先国Top10


出典:「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(文部科学省)

2016年の留学先Top10と、留学人数が上記です。
1位はアメリカで、2位オーストラリアの2倍以上。

英語圏が多く、次いで近隣国。
納得の結果です。

個人的に意外だったのが7位のタイ。
シンガポールであれば分かりますが、僕が知らない何かあるのでしょう。

アメリカ4年制大学の年間授業料

日本人留学先国1位のアメリカ。
アメリカは大学授業料が高額という話も聞きます。


出典:Median Incomes v. Average College Tuition Rates, 1971-2016(ProCon.org)

実際の授業料と滞在費は上記の通り。
どんどん上がっている、ということが分かります。
4年制私立大学の年間授業料・滞在費は2016年で約500万円(1ドル110円換算)。
4年間で2,000万円と考えると、相当の額になります。

 


出典:Median Incomes v. Average College Tuition Rates, 1971-2016(ProCon.org)

同じ情報元のページは年収の中央値と学費の関係について記載されていました。
私立大学の学費が年間4万ドルを超えている現状を考えると、確かに男女とも年収を超えているようです。

このデータの授業料の算出方法が分からないので、参考データです。
授業料は同一州内居住者は授業料が安かったりと、個別要素があります。
それでも一概には言えませんが、全体の流れとしては興味深い流れです。

さいごに

「英語が必要か?」という問いがあります。
僕は一昔前は「必須ではないがあった方が良い、特に技術職は必要度が高い」と考えていました。
ですが、この先は微妙かもと思っています。
その理由が翻訳機器進化とインターネットの発達。

知り合いから「韓国からの留学生を1日預かった経験」を聞きました。
その知り合いは韓国語が話せない、先方も日本語は厳しいという状況。
どうしたかというと、無料のスマホ翻訳アプリを利用したそうです。

結果は「ほぼ意思疎通できた。リアルタイムを求めないのであればまったく問題ない」でした。
この先、技術の進歩でリアルタイム性はどんどん良くなっていくでしょう。

そしてインターネットの普及で、物理的移動の必要性(人と合って話す)が変わりました。
海外の大学では過去授業を見たいのであれば、インターネット公開が進んでいます。
また英語を学ぶための語学留学は、自宅で1時間当たり数百円でskypeでマンツーマン受講できる時代です。
すでに一部の企業では、skypeによるバーチャル会議が主流というところもあります。

この先、物理的に同じ場所にいるという事がどの程度、その人にとって意味を持つのか。

いまの子ども達は、間違いなく、いまの親世代よりデジタルに精通していきます。
黒電話をいまの子どもに渡して「電話の切り方がわからない」というのは、昭和生まれ人にとっては笑い話です。
老人世代の一部が、電子決済を嫌がったり、インターネットを拒否したりと世代間格差は必ずあります。

自分の子どもが何かに挑戦するとき、親が障害になることなくサポーターになれるか。
変化を程よく受け入れ、それをできるだけ楽しみたいと思っています。