絵本ベストセラーTop10 2017年版【1歳編】

スポンサーリンク
pictuerbook 本・読書

全国書店ネットワークが2006年より発行している『ミリオンぶっく』というものがあります。
ここには0歳~5歳までのベストセラー(100万冊以上)売れた本が記載されています。
2017年版『ミリオンぶっく』でベストセラーになっているのは112冊。
その中でも「1歳」に絞ったTop10を並べました。

スポンサーリンク

絵本ベストセラーTop10【1歳編】

最初におことわりしておきます。
この【1歳編】はタイトルにTop10と記載していますが、Top5です。
と、言うのも1歳向けでミリオンセラーになっている絵本が5冊しかないためです。
あらかじめご了承願います。

 書籍名著者発行部数補足
1位うさこちゃんとどうぶつえんディック・ブルーナ/ぶんえ いしいももこ/やく199万部遠足 お出かけ パパ
2位ゆきのひのうさこちゃんディック・ブルーナ/ぶんえ いしいももこ/やく197万部雪遊び やさしい気持ち
3位ちいさなうさこちゃんディック・ブルーナ/ぶんえ いしいももこ/やく192万部ファーストブック
4位うさこちゃんとうみディック・ブルーナ/ぶんえ いしいももこ/やく175万部夏休み パパ 水遊び
5位ノンタンおしっこしーしーキヨノサチコ/作絵136万部お友だち トイレトレーニング

 

全年齢を通してのTop10は以下です。

絵本Top10の発行部数は本当にベストセラーだった
絵本は息の長い出版物、出版部数もスゴイです。 誰でも小さな頃によく読んだ絵本があると思います。 自分が大人になって、自分の子供に読み聞かせることも多いもの。 懐かしい思いとともに、大人の感覚で読むとこんな内容だったんだ、という発見。 ...

 

あらすじと感想

うさこちゃんとどうぶつえん

▼あらすじ
うさこちゃんがお父さんと動物園に行きます。
1時間も汽車に乗って。
おうむ、しまうま、かんがるー、ぞう、おさる、きりんなどの動物を見ます。
さいごに、うさこちゃんは大きいかめにのりました。
帰りの汽車でくたびれて眠ってしまいます。

▼感想
大きな絵柄のキャラクター。
余白の多いシンプルな絵。
切り取る内容が、日常に一コマ。
ストーリーはほのぼのとして、そしてあたたかい。
そしてはっきりとした色。
「ディック・ブルーナ」さんは6色しか色を使用しません。
「ブルーナ・カラー」と呼ばれる赤、黄、青、緑、茶、グレー。
6色でこれほどあたたかな絵本に仕上がるということも特筆点だと思います。

 

ゆきのひのうさこちゃん

▼あらすじ
うさこちゃんが窓から外を見ると、雪が積もっています。
うさこちゃんは外に遊びにいきます。
帽子、長靴、えりまき、手袋などの準備をしっかりして。
そりすべり、スケートで遊びます。
雪だるまも作ります。
そこで1羽の鳴いている小鳥さんをみつけます。
うさこちゃんは・・・。

▼感想
やはりコレも1位の『うさこちゃんとどうぶつえん』同様、日常の一コマ。
子どもが雪が降ったので、喜んで外で遊ぶシチュエーション。
ピンチの小鳥さんの登場でうさこちゃんはどうするのか。
子どもにも想像力をかきたてるストーリーの安定と余白。
大人も自分の頭の中でイメージを膨らませる。
うさこちゃんの器用なスキル、なかなかです。

ちいさなうさこちゃん

▼あらすじ
うさぎのふわふわさんとふわおくさんはとっても仲良し
ある晩天使がやってきて、ふわおくさんに言いました。
まもなく赤ちゃん(うさこちゃん)が生まれます。
本当に生まれたかわいい赤ちゃんを見に、たくさんの動物たちがやってきます。

▼感想
ミッフィーちゃんシリーズの第1弾。
この本はほかの本もそうですが「祝う」という温かいシチュエーション。
動物が祝いに来る、というのはキリスト生誕を彷彿させます。
自分の子どもに読み聞かせ「君もたくさんの人に祝福されたのだよ」と伝えるのも良いかもしれません。
うさこちゃんの顔をながめていると、イロイロな感情を想像できます。

 

うさこちゃんとうみ

▼あらすじ
うさこちゃんはお父さんと海に遊びに行きます。
うさこちゃんが疲れないように引き車で。
海岸で貝を拾うためにシャベルとバケツを持っていきます。
お父さんと砂山作りや水遊びでたくさん遊びました。
うさこちゃんは帰り道にくるまの上で眠ってしまいました。

▼感想
海の楽しさをぞんぶんに描かれている1冊。
夏にぴったりの1冊。
お父さんがいつもうさこちゃんを気遣っている感じがよくでています。
お父さんが乗っても壊れない砂山などはちょっと?

 

ノンタンおしっこしーしー

▼あらすじ
しーしーしー、なんの音?
ぶたさんはおむつでしーしー。
くまさん、うさぎさんはトイレでしーしー。
ノンタンはうまくしーしーできるのか。

▼感想
ノンタンや動物たちが、おしっこをする物語。
ポップで明るい絵柄。
空白の多い、文字数の少ないページ。
全編にわたって、明るい雰囲気。
最初はうまくいかなくても、徐々に成長していく。
トイレトレーニングのイメージトレーニングに良い、と評判の1冊。

 

個人的に思うこと

1歳編の最大のトピックスは1位~4位まで「ディック・ブルーナ」さんの作品ということ。
「ディック・ブルーナ」さんは2017年2月に亡くなられております。
ご本人がどう思っているのか(思っていないか)わかりませんが、母国オランダからみたら日本は遠い国。
その日本で、大変な影響を子どもたちに与え続けている、たいへんな名誉ではないでしょうか。
せっかくなのでいくつか「ディック・ブルーナ」さんの名言を以下にあげます。

わたしの絵本の登場人物たちは、いつでも視線を読者のほうにおくっています。
正面向きの絵というのは、嬉しいときにも、悲しいときにも目をそらすことなく、読者の子どもたちと正直に対峙していたいという気持ちのあらわれなのです。

デザインはシンプルであることが一番大事。
完璧であるだけでなく、できるだけシンプルを心がける。
そうすれば見る人がいっぱい想像できるのです。
これがわたしの哲学。

本質とか感情とかが伝わるものを描きたいと思って、もう何年もやってきました。
でも、まだ到達点がどこなのか、どこまでいけばたどりつくことができるのか答えは見えてきません。
描くたびに「もっといいものを」という気持ちが湧いてきてしまうのです。

偉人と呼ばれる人は、どんな方でも努力家です。
日々是精進。
歩き続けることは重要です。

ではでは

◆今回のまとめ◆

【1歳編】の100万部超えは5冊
【1歳編】の5冊中、4冊がうさこちゃんシリーズ