【年中行事】新年度の始まり・サクラの季節「4月」

スポンサーリンク
ライフハック・節約

日本では年度の始まりに当たる「4月」。進学や新社会人など、スタートの節目になる月です。日本人が大好きな花である「サクラ」のシーズン。日本の文化・風習・現代イベントのうち、4月に実施されるものをまとめました。

スポンサーリンク

4月の年中行事一覧

日にち行事名・イベント名説明食べ物子ども関連
1日エイプリルフール
4月上旬イースターキリスト復活祭、2019年は4月21日たまご
上旬お花見花見団子
上旬入学式・入社式入学・入園
5日清明24節気の一つ花見団子
8日灌仏会(かんぶつえ)
花祭り
釈迦の誕生を祝う仏教行事
13日十三参り13歳の子どもの参拝行事
20日清明24節気の一つ
29日昭和の日

 

ピックアップ

エイプリルフール

ウソが許される日。正確な由来はわかっていない行事。

午前中だけウソが許され、午後にそのウソのネタばらしをするという説もあります。これも不確か。

日本では大正時代から広まった。

十三参り

男女とも数え年13歳でおこなう祝い行事。京都に伝わる習慣で、関東ではあまりなじみがない行事

4月13日に13才(数え)の男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りします。子どもの幸福を祈るためにり、寺社に詣でる形式が一般的。虚空蔵菩薩は13番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩。
これに因み知恵詣りまたは智恵もらいとも云う。

そのほかの情報

4月の名称

卯月(うづき)
卯花月 (うのはなつき)
夏初月(なつはづき)

4月の季語

陽春
桜花
春陽

4月の誕生花・花言葉

誕生花=サクラ
花言葉=精神の美、優美な女性

誕生花=マーガレット
花言葉=真実の愛、信頼

4月の誕生石 ・石言葉

誕生石=ダイヤモンド
石言葉=純潔、清浄

まとめ

4月29日の祝日は、2007年に名前が変わりました。
みどりの日→昭和の日

昭和の日の意味は以下とのこと。
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いを致す」
みどりの日は、2007年に5月4日に移動しました。

もともとは天皇誕生日が祝日で、昭和天皇が4月29日生まれで祝日でした。それが今上天皇(今の天皇陛下)の誕生日が12月23日で、この日が祝日。

では今後も天皇陛下が変わるたびに、祝日が増えるのかと思いました。ですが、天皇誕生日が移動するだけで、基本は増えないようです。4月29日だけは特別ということのようです。