【公園徹底攻略】千鳥ヶ淵公園 言わずと知れた皇居裏のサクラのスポット

スポンサーリンク
公園

東京都千代田区にある「千鳥ヶ淵公園」。
皇居の裏側、方角的には西側にあたる、サクラで有名なお堀の周りにあります。
小さな公園かと思いきや、皇居お堀のかなりの面積。
子ども向け遊具が皇居そばにあるのかと思いきや、しっかりあります。

スポンサーリンク

遊具


複合遊具です。
巨大なもではありませんが、オーソドックスなもの。
コレがお堀の周りにあることが、個人的には意外でした。

 


ブランコが2つ。
座面が通常のものが1つ、幼児向けが1つ。

 


ロッキングチェアとスプリング式遊具。

 


鉄棒。

 


砂場。
正方形タイプで、柵に囲われています。

 


「こどもの池」という名前の水遊び場(浅いプール)。
夏場に解放されます。
すぐそばに交番があるので、セーフティエリアとも言えます。

基本情報

公園名千鳥ヶ淵公園(ちどりがふちこうえん)
住所東京都千代田区麹町1-2
開園時間なし
休園日なし
電話
料金無料
面積15,845平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東京メトロ 九段下駅・半蔵門駅 徒歩5分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト千鳥ヶ淵公園

 

 


トイレです。
かなりしっかりしています。
皇居ランナーにも活用されています。

 


「第一東京市立中学校発祥之地」の石碑。
名門「都立九段高校」の前身の学校です。

 


菊地一雄さん作の「自由の群像」。

 

サクラが有名なエリアです。
花見の時はとてつもない人が、この公園を訪れます。

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★★★☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

皇居と言えば、皇居ランナーが有名です。
ここも皇居ランナーが走るルートに面している場所。
ランナーが準備をしたり、トイレに立ち寄ったり。

たくさんの人が訪れる場所なので、子どもを持つ親は少し心配かもしれません。
しかし、公園横に交番があります。
また、イギリス大使館が向かいにあるので、安全度が高いエリアでもあります。
大使館警備員が、何かの事件の時に、手を貸してくれるわけではありませんが。

何より皇居の裏の公園で、かなりの数の子ども向け遊具があることに驚き。
というか、それが当たり前で良い、という気持ちというか。

公園面積自体は広いですが、子どもが遊ぶ遊具類は1か所に集まっています。
そばはお堀なので、見晴らしがよい環境です。

ゆっくり遊びたいなら、花見シーズンは避けるべき場所です。