【公園徹底攻略】本芝公園 古典落語「芝浜」の舞台でもあった電車が見える公園

スポンサーリンク
公園

東京都港区にある「本芝公園」。
山手線の真横、電車がとてつもない頻度で通っている場所にあります。
山手線の他にもモノレールや新幹線も見られるため、電車好きの子どもには人気が高い。
平日は会社員がかなりいる、休憩スポットです。

スポンサーリンク

遊具


船の形をした複合遊具。
以前、海だったという名残を感じます。
素材は多分FRP。

 


2つ目の複合遊具。
こちらは高さが低い幼児向け。
他では見ない形です。

 


ブランコ。
座面が幼児向けと一般向けの2名分。

 


スプリング式遊具。

 


2人乗りのシーソー。

 


オーソドックスな鉄棒。

 


遊具があるエリアではない側の広場。
ベンチがたくさんあり、休憩スポットです。

 


サザエの噴水とじゃぶじゃぶ池。
夏季の9:00~17:00、じゃぶじゃぶ池に入れます。

基本情報

公園名本芝公園(ほんしばこうえん)
住所東京都港区芝4-15-1
開園時間なし
休園日なし
電話
料金無料
面積4,542平方メートル
駐車場なし
交通アクセスJR 三田駅 徒歩4分
授乳施設なし
オムツ替え公園内トイレにオムツ替え台アリ
公式サイト本芝公園

 


トイレもしっかりしています。
オムツ替えの台があります。

 


モニュメント。

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★★☆
その他の施設★★☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

この公園、公共交通機関のアクセスがとても良いです。
場所がJR田町駅からすぐ。
逆にマイカー訪問は躊躇する立地です。

山手線の内側、線路の真横に位置します。
この付近は昔は海だった場所。
山手線の内側も海だったということです。
1970年頃、この付近は埋め立てで造られました。
また、有名な古典落語「芝浜」の舞台となったところでもあります。

細長い形状の公園で、2つの区画に道で分断されています。
都心エリアですが立派なクスノキもあります。