睡眠・快眠・不眠

スポンサーリンク
sleep 睡眠

現代の日本人はどのくらい寝ているのでしょうか。
年代別、世代別、都道府県別の睡眠時間を見てみました。
一般的に言われる良い眠りに関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

年代別睡眠時間

日本の男女別・年代別睡眠時間のグラフが以下。

男女年齢別睡眠時間

  • バスタブ型で、若年層と高齢者が睡眠時間が長い
  • 40台~50台が睡眠時間が短い
  • 一番短い=女性45歳~59歳で6.9時間
  • 一番長い=85歳以上の男女 9.4時間
  • 15~19歳で睡眠時間が短くなり20歳~24歳で一旦長くなる
  • 女性の方が男性に比べ睡眠時間が短い
  • 全ての平均値=日本の平均睡眠時間は7.7時間。

 

意外でした。
現役就労世代の周りの人には5時間台と言う人もいるのでもっと短い結果になると予想していました。
いつもどおり特別な情報は頭に残りやすいと、いうバイアスの好例のようです。
最近は「寝ない自慢」「徹夜自慢」がいなくなったのは時代の流れです。

 

子供(幼児)の睡眠時間

子供(幼児)の睡眠時間のデータが以下。
このデータは平均3歳6ヵ月のデータ。

睡眠時間割合
9時間未満8.1%
9時間台31.4%
10時間台41.9%
11時間以上14.8%
不規則・不詳3.8%

 

一番割合が高いのが10時間台=41.9%、次点が9時間台=31.4%。
あわせて73%、3/4の人が9時間~10時間のようです。
幼児の理想的な睡眠時間は諸説あるので適正時間は不明ですが、たくさん寝るほうが子供にとっても親にとっても良いと思っています。

参考までに児童福祉法では乳幼児を以下で分類しています。

  • 乳児=生後0日から満1歳未満まで
  • 幼児=満1歳~小学校就学までの子供

 

都道府県別睡眠時間

都道府県別に睡眠時間の長い順に並べたものは以下です。

順位都道府県睡眠時間人口
1位秋田県8.0時間1,009,705
2位青森県8.0時間1,293,619
3位山形県7.9時間1,113,029
4位岩手県7.9時間1,268,083
5位島根県7.9時間689,817
6位宮崎県7.9時間1,095,959
7位高知県7.9時間720,907
8位北海道7.9時間5,352,306
9位福島県7.8時間1,900,106
10位新潟県7.8時間2,285,856
11位鹿児島県7.8時間1,637,073
12位福井県7.8時間782,232
13位長野県7.8時間2,087,997
14位宮城県7.8時間2,329,431
15位和歌山県7.8時間953,924
16位鳥取県7.8時間569,579
17位佐賀県7.8時間828,388
18位大分県7.8時間1,159,634
19位富山県7.7時間1,061,393
20位山梨県7.7時間829,884
21位熊本県7.7時間1,774,538
22位滋賀県7.7時間1,413,079
23位徳島県7.7時間750,210
24位栃木県7.7時間1,968,425
25位群馬県7.7時間1,966,381
26位石川県7.7時間1,150,818
27位広島県7.7時間2,838,494
28位岐阜県7.7時間2,022,785
29位香川県7.7時間972,156
30位愛媛県7.7時間1,374,881
31位沖縄県7.7時間1,439,913
32位三重県7.7時間1,807,611
33位京都府7.7時間2,605,731
34位岡山県7.7時間1,915,401
35位山口県7.7時間1,393,904
36位福岡県7.7時間5,106,707
37位静岡県7.6時間3,686,945
38位長崎県7.6時間1,366,514
39位茨城県7.6時間2,907,262
40位大阪府7.6時間8,837,812
41位東京都7.6時間13,636,222
42位愛知県7.6時間7,507,691
43位兵庫県7.6時間5,520,575
44位奈良県7.6時間1,356,950
45位神奈川県7.6時間9,145,572
46位千葉県7.5時間6,240,408
47位埼玉県7.5時間7,288,081

 

  • 1位は秋田県と青森県で8.0時間
  • 最下位は千葉県と埼玉県で7.5時間
  • 最頻値は7.7時間で18都道府県

試しに睡眠時間と人口の相関係数をみてみたのですが0.56と相関関係はなし。
ただし睡眠時間が短い(うえの表のしたの方にいる都道府県)は、人口が多い都会。
そういわれると納得で、遅くまで仕事をしている、遅くまで店が開いている、遅くまで飲んでいる・・・。

 

良い睡眠のコツ

よく睡眠は長さより質と聞きます。
一般的に言われていることをいくつかあげてみます。

  • 1.5時間の倍数でおきるとスッキリする(レム睡眠とノンレム睡眠のサイクル)
  • 入浴時間は寝る1時間以上前
  • 睡眠前にスマホやテレビを見ない(ブルーライトが有害)
  • 昼間の15分以内の居眠りは効果的(15分以上だと深い眠りに入ってしまう)
  • 枕の高さは高すぎても低すぎてもいけない
  • ストレスは睡眠時間に影響をおよぼす
  • 22時~2時は成長ホルモンが多く分泌される睡眠のゴールデンタイム(諸説あり)

 

眠りの質を高め、「睡眠負債」を抱えないようにする、という思想。
最高のパフォーマンスのために「入眠後90分の眠りの質」が重要と説きます。
毎日同じ時間に寝ることもポイントとのことです。
しっかりとしてエビデンスがある本です。

 

月並みですが最後は個人差

不眠や日中身体がだるい方など睡眠に関する悩みを耳にする事は多いです。
ただ、個人差があるため、一概にこれが最適というものはありません。

夜にならないとエンジンがかからないという夜型の人
照明をつけたまま、テレビをつけたままのほうがねむりやすい人
短い睡眠で問題ないショートスリーパーや逆のロングスリーパー

イロイロですが、自分に合った方法を見つけることで起きている時間の質が上がります。
それは人生の質が上がるということ。

ある時期、枕元にペンとメモを用意して「夢日記」を継続して書いていこうと挑戦しました。
結果、1ヶ月で2回のみメモが残りました。
夢を見ていないときが大半で、おきても思い出せないのが残り。
夢は自分でコントロールできない典型的なモノのようです。