婚姻率と離婚率も減少している時代

スポンサーリンク
統計データ

少し前に[婚姻件数(実数)]と[離婚件数(実数)]の記事を書きました。
疑問が残った「婚姻率」と「離婚率」について、追加で調べました。
また都道府県別の「婚姻率」「離婚率」も記載しています。

スポンサーリンク

婚姻件数と離婚件数の推移

少し前の記事の再掲ですが、婚姻件数と離婚件数の推移が上記です。

▼婚姻件数
・一番高い年は1972年=1,099,984件
・1948年も山の頂点で=953,999件
・2001年=799,999件以降右肩下がり
・2017年=607,000件

▼離婚件数
・一番高い年は2002年=289,836件
・2003年以降は右肩下がり
・2017年=212,000件

 

婚姻率と離婚率

まずは言葉の定義からです。
婚姻率=人口千人当たりの婚姻件数のこと。
離婚率=人口千人当たりの離婚件数のこと。

 

▼婚姻率

・一番高い年は1947年=12.0%
・1971年も山の頂点で=10.5%
・2001年以降右肩下がり
・2017年=4.9%

 

▼離婚率

・一番高い年は2003年=2.25%
・1947年==1.02%
・2004年以降右肩下がり

・2017年=1.7%

この離婚率が前回の記事でモヤっとしていた点です。
結果として近年はわずかですが、下がっています。
結婚する人も減っていますし、離婚する人も減っていると言う結果です。

 

都道府県別・婚姻率と離婚率

このブロックの婚姻率と離婚率は2016年データです。

 

都道府県別 婚姻率

順位都道府県婚姻率全国平均差
1位東京6.5%1.5%
2位沖縄5.9%0.9%
3位愛知5.6%0.6%
4位大阪5.3%0.3%
福岡5.3%0.3%
6位神奈川5.2%0.2%
7位滋賀4.9%-0.1%
広島4.9%-0.1%
9位宮城4.8%-0.2%
栃木4.8%-0.2%
埼玉4.8%-0.2%
千葉4.8%-0.2%
香川4.8%-0.2%
14位静岡4.7%-0.3%
京都4.7%-0.3%
兵庫4.7%-0.3%
岡山4.7%-0.3%
宮崎4.7%-0.3%
19位北海道4.6%-0.4%
福島4.6%-0.4%
茨城4.6%-0.4%
三重4.6%-0.4%
鹿児島4.6%-0.4%
24位石川4.5%-0.5%
福井4.5%-0.5%
山梨4.5%-0.5%
佐賀4.5%-0.5%
熊本4.5%-0.5%
大分4.5%-0.5%
30位群馬4.4%-0.6%
長野4.4%-0.6%
長崎4.4%-0.6%
33位富山4.3%-0.7%
岐阜4.3%-0.7%
和歌山4.3%-0.7%
鳥取4.3%-0.7%
山口4.3%-0.7%
徳島4.3%-0.7%
愛媛4.3%-0.7%
40位奈良4.2%-0.8%
41位新潟4.1%-0.9%
高知4.1%-0.9%
43位青森4.0%-1.0%
島根4.0%-1.0%
45位岩手3.9%-1.1%
山形3.9%-1.1%
47位秋田3.5%-1.5%
全国5.0%

・全国平均=5.0%
・1位=東京 6.5%(全国平均差 +1.5%)
・最下位=秋田 3.5%(全国平均差 -1.5%)

 

都道府県別 離婚率

順位都道府県離婚率全国平均差
1位沖縄2.6%0.9%
2位宮崎2.0%0.3%
大阪2.0%0.3%
北海道2.0%0.2%
5位福岡1.9%0.2%
和歌山1.9%0.1%
7位東京1.8%0.1%
栃木1.8%0.0%
鹿児島1.8%0.0%
10位埼玉1.7%0.0%
神奈川1.7%0.0%
大分1.7%0.0%
福島1.7%0.0%
千葉1.7%0.0%
静岡1.7%0.0%
兵庫1.7%0.0%
岡山1.7%0.0%
高知1.7%0.0%
愛知1.7%0.0%
青森1.7%-0.1%
茨城1.7%-0.1%
群馬1.7%-0.1%
広島1.7%-0.1%
山梨1.7%-0.1%
香川1.7%-0.1%
佐賀1.7%-0.1%
鳥取1.7%-0.1%
三重1.7%-0.1%
京都1.7%-0.1%
熊本1.7%-0.1%
31位愛媛1.6%-0.1%
宮城1.6%-0.1%
奈良1.6%-0.1%
長崎1.6%-0.1%
徳島1.6%-0.1%
滋賀1.6%-0.2%
山口1.6%-0.2%
38位長野1.5%-0.2%
岐阜1.5%-0.2%
岩手1.5%-0.2%
石川1.5%-0.3%
福井1.5%-0.3%
43位島根1.4%-0.3%
秋田1.4%-0.4%
山形1.4%-0.4%
46位新潟1.3%-0.4%
富山1.3%-0.4%
全国1.7%

・全国平均=5.0%
・1位=東京 6.5%(全国平均差 +1.5%)
・最下位=秋田 3.5%(全国平均差 -1.5%)

 

まとめ

個人的に意外だったのが東京が婚姻率で1位だったこと。
東京の人はもっとドライで、地方の方が家族中心というイメージを持っていました。

上位に人口が多い都道府県が並んでいるので、僕の認識は違っていたようです。
理由を考えると都市部の所得の高さでしょうか。

離婚率の1位、沖縄は離婚が多いことで有名です。
そのニュースとともによく出る話題が「貧困の連鎖」。

離婚によってシングルマザー家庭の子どもが貧困になる。
コレは社会問題です。

 

最近の新卒対象者アンケートで早めの結婚願望があるというニュースをどこかでみました。
子どもがほしいかどうかは不明です。

・・・子育ては体力勝負、ということを経験者側としては全力で伝えたいところです。

ではでは。

◆今回のまとめ◆

婚姻率・離婚率も減少している
婚姻率は東京が圧倒的に高い
離婚率は沖縄が圧倒的に高い