100年前に比べ最高気温は2.8度上昇しているが、学校エアコン設置は約半数

スポンサーリンク
統計データ

自分達が子どもの頃に比べ、体感的に暑くなっている気がします。
地球温暖化については、賛否両論あり、絶対的な回答はまだ出ていません。
では、日本の気温はどうなっているのか。
救急搬送人数や学校のエアコン設置率などあわせてみてみました。

スポンサーリンク

気温は100年前に比べ上昇している

以下の6箇所の1900年~2017年の最高気温推移が以下です。
[東京][大阪][札幌][那覇][名古屋][福岡]
各年の7月と8月の日中最高気温の平均推移です。


出典:過去の気象データ検索(気象庁)

このデータからまず言えることは「100年前にくらべ気温が上昇している」ということ。
各都市で上昇温度は違いますが、すべての都市で気温は上昇しています。

 

1900年2017年
札幌19.122.33.3
東京28.531.12.6
名古屋30.532.72.2
大阪30.633.52.9
福岡25.729.53.8
那覇31.533.52.0
平均27.630.42.8

出典:過去の気象データ検索(気象庁)

一応ですが、これはあくまで6都市のデータです。
人口が多い場所や、南北などを考えて選定しました。
コレが日本全体ということでなないことを付記しておきます。

6都市平均で、1900年と2017年で2.8度、気温が上昇しています。
細かく見てみると、気温は上がったり下がったりしています。
一部を除いて、総論は右肩上がりです。

1つ、興味深い点は、近年は沖縄が一番気温が高いわけではない、ということ。
具体的には、例えば大阪は2017年こそ、沖縄と同じ33.5度でした。
しかし、それより少し前の2000年~2016年は、ほぼ大阪の方が最高気温が高いです。

理由は分かりませんが、沖縄が日本で一番熱い地点ではないというのはニュースでもよく聞きます。
ニュースで高温だと言われる地点は、いまは岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市、群馬県館林市。

ちなみに2018年7月時点の、日本の観測史上での最高気温Top10は以下です。
1位が有名な埼玉県熊谷市、2位が意外で高知県、3位も有名な岐阜県多治見市。

都道府県地点観測値℃日付
1埼玉県熊谷41.12018年7月23日
2高知県江川崎412013年8月12日
3岐阜県多治見40.92007年8月16日
4東京都青梅40.82018年7月23日
山形県山形40.81933年7月25日
6山梨県甲府40.72013年8月10日
7岐阜県美濃40.62018年7月18日
和歌山県かつらぎ40.61994年8月8日
静岡県天竜40.61994年8月4日
10山梨県勝沼40.52013年8月10日

出典:歴代全国ランキング 最高気温(気象庁)

 

熱中症搬送人数も増加


出典:救急搬送状況(総務省消防庁)

熱中症による救急搬送人数の推移が上記です。
2008年と2009年が低く、それ以降30,000件を大きく超えています。

搬送者の内訳をみてみると、成人と高齢者が大半。
中でも高齢者の比率が、2008年=39.5%、2017年=48.9%と増加。
ニュースで高齢者の熱中症が多く流れますが、それを裏付けています。

 


出典:救急搬送状況(総務省消防庁)

新生児と乳幼児の、熱中症搬送人数です。
体がまだ未熟な状態での熱中症は、大人よりも危険。

それでも新生児はかなり低く推移乳幼児は搬送者総数と同じで2010年以降、増加して横ばいです。

 

▼熱中症は重症度の3段階
軽度(I度)=めまい、頭痛、筋肉痛、ふくらはぎなどのけいれん、あくびなど
中等(II度)=疲労・倦怠・不快感、手足に力が入らない、I度よりひどい頭痛、吐き気・嘔吐、判断力や集中力の低下、意識がもうろうとするなど
重度(III度)=意識障害、歩けない、けいれん発作


出典:救急搬送状況(総務省消防庁)

続いて熱中症で搬送され、初診での傷病程度が上記です。
初診時は大半が軽症、ついで中等症です。

 


出典:救急搬送状況(総務省消防庁)

傷病程度が重い2つの情報が上記。
幸いなのは、搬送人数に比例して、死亡が増えていないことでしょう。

2010年は死亡者が増えていますが、それ以降は減少。
熱中症が危険という、一般認知の増加も一因と予想します。

 

気温上昇理由と子どもへの影響

気温上昇理由

気温上昇の理由は、複合要因でもあるため深く触れません。
それでも、ヒートアイランドが大きな要因ということは筆頭のようです。

・都市化・・・熱がこもる、夜になっても暑い
・照り返し・・・地面吸収がない
・緑の減少・・・植物の「蒸散」による気化熱減少

子どもが危ない理由

このブログは子育て中の筆者が書いているので、この点が最大に気になる点です。

・体温調節機能が未発達
・大人と背の高さが違うので気温差がある
・自分で不快に気づくことができない可能性

2番目の大人と子どもの温度差は、以下のweathenewsの画像が分かりやすいです。


出典:芝生の上は反射熱が少ない(wethernews)

 

子どもの様子で注意すべき点

・日中に不必要なあくびが多い
・体温が40度以上
・大量の発汗、おしっこは出ていない
・体温が高いのに、汗が出なくなった
・だるい、手足の痛みを訴える

上記のような様子が見えらら、要注意です。
けいれんや意識喪失が出たら、即時救急車です。

・クーラーなどが効いた場所へ移動、できなければ木陰などで子どもを寝かせる
・救急車到着まで、できるだけ体を冷やす
・冷やす場所は首筋、脇、足の付け根を、濡れタオルなどで冷やす
・衣服は緩め、靴下などは脱がす
・うちわなどで仰ぐ
・水分補給させる(できれば経口補水液、意識喪失時は与えない)

意外と知られていないのが、お茶やコーヒーは熱中症時には不向きということ。
理由はカフェインが含まれていると、利尿作用で水分が出てしまうため。
ベストは経口保水液ですが、通常は水が基本です。
スポーツ飲料は糖分の懸念がありますが、体内吸収率が良いので熱中症には向いています。

 

熱中症のメカニズム

人間の身体は「外へ熱を逃がす熱量(放熱)」と「体内で作られる熱量(産熱)」でバランスを保っています。
産熱した熱を放熱しきらず、バランスが崩れると熱中症になります。

この際、外気温以外に大きな要因になるのが「湿度」。
湿度が高いと、発汗しにくくなる、外へ熱を逃がしにくくなるということです。

高温になると熱中症というイメージは大抵の人が知っています。
しかし「湿度」が関係してくる、ということは意外と知られていません。
日本は高温多湿、湿度が高い国です。

湿度も含め、熱中症の危険を客観的にあらわしたものが「暑さ指数(WBGT)」というものです。
気象庁が発表しているもので、以下で確認する事ができます。

外部サイト:暑さ指数(WBGT)の実況と予測(気象庁)

 

幼稚園や学校のエアコン設置率


出典:公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況の結果について(文部科学省)

2017年の47都道府県のエアコン設置率、幼稚園・小中学校・高校が上記です。
各グラフの都道府県名の横に、2015年~2017年の7月と8月の最高気温を付記しています。

幼稚園の設置率最高=栃木県の97.7%。
小中学校の設置率最高=香川県の92.3%。
高校の設置率最高=沖縄県の84.9%。

各グラフの一番下に全国平均も記載しています。
2017年時点ですべてあわせると、エアコン設置率は半分程度ということになります。

コレが高いのか低いのか。
1つ言える事は、北海道など比較的温度上昇がない都道府県は、普及の必要性は低いでしょう。

 

同じ情報ソースに体育館の情報がありましたので、ついでに掲載します。


出典:公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況の結果について(文部科学省)

あえて100%幅のグラフにしています。
言える事は体育館はほぼエアコン設置されていないということ。
小中高の公立学校の全国平均で、エアコン設置率が1.2%です。
現代のの高い外気温で、蒸し暑いなどの状況でもあった場合は、体育館は危険と言えそうです。

 


出典:公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況の結果について(文部科学省)

最後に公立小中学校のエアコン設備設置状況の推移が上記です。
十分といえないでしょうが、近年、設置は増えています。

 

さいごに

僕は学生時代に、エアコンがある学校に通っていたことがあります。
しかし僕が通学中、一度もエアコンがオンにされませんでした。
理由が「ずっと使っていないので、つけるとどうなるかわからない」から。

その頃の記憶をたどってみると、まだ今ほど気温が高くなかったような気もします。
それでも「なんだかなぁ」という思いは、いま、振り返ってもあります。
何かあってからの後手対応は、悪手です。

事前に危険度を判断して、できることをする。
災害対策と同じで、日射病になるという前提で準備しておく。

子どもだけでなく、自分やパートナー含め全員がそうなる可能性があります。
現代の真夏の日中は「熱波」と呼ぶにふさわしい状況です。

家族に子どもが増え、僕は「子ども視点」という新たな視点を持つようになりました。
大人ももちろんですが、子どもは自分でうまく言えないこともあります。

子どもの不調にすぐに気づけるよう、余裕を持たないと危ない夏の暑さだと思っています。

ではでは。

◆今回のまとめ◆都市の気温は上昇している
救急搬送人数も上昇している
エアコン設置率は半分程度