【年中行事】1年の終盤の時期「11月」

ライフハック・節約
スポンサーリンク

「11月」といえば、紅葉が終わり冬入りの時期。
立冬や小雪の時期で、寒さが増し風邪がはやり始める時期です。
11月が過ぎれば、もう12月のあわただしい時期。
日本の文化・風習・現代イベントのうち、11月に実施されるものをまとめました。

11月の年中行事一覧

日にち行事名・イベント名説明食べ物子ども関連
3日文化の日自由と平和を愛し、文化をすすめる国民の祝日
11月の亥の日亥の子(いのこ)無病息災
多産なイノシシにあやかって子孫繁栄を願う
2018年は11月3日
穀物を混ぜた餅
亥の子餅
11月の酉の日酉の市11月「酉の日」に行われる祭
縁起熊手を売る露店が有名
7日頃立冬立冬とは、冬の始まりのこと
11月8日頃(2018年は11月7日)
15日七五三子供の成長健康を願って神社に参拝する行事千歳飴七五三
17日将棋の日江戸時代の御城将棋が発祥
22日頃小雪(しょうせつ)小雪が舞う頃
立冬から数えて15日目ごろ
23日勤労感謝の日勤労者に感謝する国民の祝日
23日新嘗祭(にいなめさい)天皇がその年の収穫に感謝する宮中祭祀

ピックアップ

七五三(11月15日)

七五三 いつ?男女の違い?地方の違い?
子どもの成長を祝う行事のうちの1つ「七五三」。 あなたは自分の子どもの「七五三」はいつか、把握していますか? 微妙な要素がいくつかあって悩んでしまう可能性のある「七五三」。 お祝いする年齢、男女の違い、いつなのか調べてみました。 そ...

 

酉の市(11月31日)

11月の酉の日に、各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われる祭り行事
熊手、お多福のお面、宝船などの縁起ものの露店が並ぶ
2018年の11月の酉の日は11月6日(一の酉)、11月18日(二の酉)、11月30日(三の酉)の3日。

勤労感謝の日(11月23日)

1948制定の「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」国民の祝日。
終戦までは天皇が収穫を供える新嘗祭(にいなめさい)だった

そのほかの情報

11月の名称

神楽月 (かぐらつき)
霜降月 (しもふりづき)
子月 (ねづき)

11月の季語

暮秋
初霜
初冬

11月の誕生花・花言葉

誕生花=マリーゴールド
花言葉=信頼

誕生花=シクラメン
花言葉=はにかみ

11月の誕生石 ・石言葉

誕生石=トパーズ
石言葉=友情、希望、潔白

まとめ

11月と言えば、本格的に寒さが厳しくなる時期。
場所によっては雪が降り始めます。

そして1年で11番目の月、翌月は12月。
もう今年も終わりの気配が漂い出す時期です。

子ども行事の1大イベント、七五三で神社もにぎわいます。
スーツに着られるパパさんが出没します。

コメント