【公園徹底攻略】埠頭公園 2つの輝かしい歴史を持つ遊具も魅力的な公園

スポンサーリンク
公園

東京都港区にある「埠頭公園」。
見どころ遊びどころがたくさんある公園です。
大型の木製の船の遊具、南極探検関連のレリーフやペンギン像、日本プロ野球発祥の地の名残。
大型の船を初めて見ると、おーーーという大きさです。

スポンサーリンク

遊具

 
船の複合遊具「開南丸」。
大型チューブ滑り台やアスレチック要素もあります。
船のハンドルも、相当な大きさです。
船が置かれているところは、全面砂場です。
相当な大きさ。

 

 


クジラさん。
小さな子供向けの滑り台になっています。

 

 


アスレチック遊具。
意外と子供に人気です。

 

 


足場。

 

 


スイング遊具、3台。

そのほかの施設

氷砕船しらせのスクリュープロペラ。

 


南極探検について。

 


ペンギンさん達。
夏はココがじゃぶじゃぶ池です。

 


少年野球場。
トイレがココにあります。

 


日本初のプロ野球チーム発祥の地。
「芝浦球場」跡地。

基本情報

公園名埠頭公園(ふとうこうえん)
住所東京都港区海岸3-14-34
開園時間なし
休園日なし
電話
料金無料
面積8,935平方メートル
駐車場なし
交通アクセスゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 徒歩5分
授乳施設なし
オムツ替え公園内トイレにオムツ替え台アリ
公式サイト埠頭公園


トイレです。

個人的評価

総合評価★★★★☆
子ども楽しさ度★★★★☆
その他の施設★★★★☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

この公園、2つの歴史の1ページに残るネタを持っています。
1つが、ここから日本初の南極探検に出掛けた開南丸。
もう1つが、日本初のプロ野球チームができた場所。
1964年開園の公園で、すでに半世紀を超えています。

他にもこの公園では夏祭り「海岸のまつり(盆踊り)」が開催されます。
なまはげ登場しますしm噴水にボートを浮かべてのカヌー体験も。

弱点を上げると、最寄り路線がゆりかもめということ。
そして近くに駐車場が少ないと言う事。

船が好きな子どもであれば、興奮間違いなしの公園です。