【公園徹底攻略】小松川ゆきやなぎ公園 化石?遺跡?

スポンサーリンク
公園

東京都江戸川区にある「小松川ゆきやなぎ公園」。
かなり異色の公園です。
化石?遺跡?遊具?
こういう公園も個人的には非常にアリだと思います。

スポンサーリンク

遊具


枯れた木のようなものをたくさん並べる。
アスレチック的な遊び方ができます。
独特の雰囲気があります。

 


滑り台。
オーソドックスなものです。

 


2名乗れるブランコ。
乗る部分と手で捕まる部分が普通と違います。

 


ロッキングチェア。

 

基本情報

公園名小松川ゆきやなぎ公園(こまつがわゆきやなぎこうえん)
住所東京都江戸川区小松川2-8-11
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積5,058平方メートル
駐車場なし
交通アクセス都営大江戸線 東大島駅 徒歩14分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト小松川ゆきやなぎ公園



屋根付きのベンチ。
これも異色の形をしています。

 


しっかりしたトイレです。
オムツ替え用の台はありません。

 


大きな広場もあります。

 

個人的評価

総合評価★★☆☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設☆☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★☆☆☆

この公園江戸川区の標語「ゆたかなこころ ちにみどり」シリーズの公園の1つです。
この語の1文字目の「ゆ」が、この小松川ゆきやなぎ公園です。

とにかく、不思議な空間です。
最初にこの公園を訪れて僕がイメージしたのが、緯度の高い国の強風にさらされた細い木。
または、カナダの大きな川の流れの緩い場所に集まる流木。
そんな激しい自然にさらされた木が、無造作におかれているような印象を受けました。
実際はそんな雑なことはなく、子ども達が遊べるよう考えられています。

この公園の遊具「ゆきやなぎプレーパーク小松川の会」という組織が運営しています。
「社会や地域全体で子どものありのままを受け入れる」など、の思想の組織のようです。
活動日帯は、毎週水曜の14:00~17:00。

一般的な公園の既成の遊具もイロイロ考えられています。
調べてみると、本当に改良を重ねたものばかりです。

そんな中、たまには枠にとらわれない遊具も、子どもには良いと思います。

ではでは。

◆今回のまとめ◆異次元の世界観
化石とか遺跡を想起してしまいます
これくらい特色があるのも良いです