【公園徹底攻略】大横川親水公園 超縦長でバリエーション豊か

スポンサーリンク
公園

東京都墨田区にある「大横川親水公園」。
墨田区内を流れている大横川を埋め立てて造られた、縦長約1.8kmの公園です。
園内は5つのブロックに分かれており、それぞれ特色があります。
幅30m~40mの一直線に長い長い公園です。

 

スポンサーリンク

釣川原ゾーン(業平橋~平川橋)


とうきょうスカイツリー駅側から園内に入った場所。
船形の管理事務所兼、遊具施設。
らせん階段から屋上の上って、ローラーすべり台。

 


幼児向け滑り台。
ローラー滑り台の降りたすぐそばです。

 


ラクダさん乗り物。

 


何かのモニュメント。
灯台?

 


円形花壇。

 


釣り堀。
突然、普通に現れます。

 

子供たちが遊べる広場のある河童川原ゾーン(平川橋~横川橋~紅葉橋)


長さはそれほど長くない滑り台。
横幅が広く、石があるのが特徴。

 


じゃぶじゃぶ水路

 

緑豊かな渓谷と多様な生物が生息するビオトープ・花紅葉ゾーン(紅葉橋~報恩寺橋~清平橋)


ロングローラー滑り台。
手前の橋も、墨田区らしい特徴が出ています。

 


両側から登れる滑り台。
どちらの登り口もおもしろうそうです。

 


ラクダさんやスプリング遊具。
平均台のような、アスレチック遊具もあります。

 

解放感のあるイベント広場・パレットプラザゾーン(清平橋~長崎橋跡~総武線鉄橋)


自由広場。

 


紅葉渓谷。
秋には良い景色になります。

 


幼い子供向け遊具。
赤い色が目立ちます。

 


砂場。
なかなかの大きさの砂場です。

 


噴水。

 

スポーツ広場であるブルーテラスゾーン(総武線鉄橋~江東橋~撞木橋跡)


芝生広場。
総武線が走っているのが見えます。

 


テニス場。

 


アスファルト広場。

 


ゲートボール施設。
公園の一番南側の端っこ。

 

そのほかの施設


たばこと塩の博物館。
大横川親水公園のすぐ横です。

 


もみじばし児童遊園。
大横川親水公園の真ん中あたりの横にあります。

 


ブランコ。

 


滑り台。

 


砂場。

 

基本情報

公園名大横川親水公園(おおよこがわしんすい公園)
住所東京都墨田区業平1-1~東駒形4-16
開園時間なし
休園日なし
電話03 -3622-1208
料金無料
面積63,973平方メートル
駐車場なし
交通アクセス・東武スカイツリーライン
「とうきょうスカイツリー」駅 徒歩5分
・都営地下鉄浅草線 本所吾妻橋駅 徒歩5分
授乳施設なし
オムツ替え公園内トイレにオムツ台あり
公式サイト大横川親水公園

個人的評価

総合評価★★★★☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★★★★☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★★

もともとは大横川という普通の川があった場所。
それが付近の工場による、地下水の汲み上げにより地盤沈下が発生。
その対策として川の一部を埋め立てて親水公園として整備された公園です。

今ではフリーマーケットやガラス市等も開催されます。
サクラの名所でもあります。

この公園、デメリットというか気になる点が1つ。
ホームレスの方がいる公園です。
最近、あまり公園でみかけなくなりました。

何度も書きますが、とにかく縦長の公園。
そして最寄り路線がが、4路線もあるというまれにみる公園。
東武伊勢崎線、都営浅草線、、総武線、東京メトロ半蔵門線。

約1.8kmという長さを信号ナシで走れるので、ジョギングには良い環境です。

ではでは。

◆今回のまとめ◆

全長約1.8kmの縦長公園
5つのブロックにそれぞれの特徴がある
4路線からのアクセスが可能