【公園徹底攻略】新大塚公園 クモの形のアスレチック遊具

スポンサーリンク
公園

東京都文京区にある「新大塚公園」。
まず特徴的なのが、地面が土ではなく、特殊な素材。
遊具も独自のものが多く、特色が出ている公園です。
一時は廃止の危機にも瀕しましたが、結果、残る方向となりました。

スポンサーリンク

遊具


クモの形をした、大型アスレチック遊具。
なぜモチーフがクモなのか、人気がない生物だと思いますが。
新しい遊具です。

 


規模は小さいですが、複合遊具。

 


ブランコ。
座面が2種類です。

 


もう1つブランコ。
4名分。

 


砂場。

 


ジャングルジム。

 

基本情報

公園名新大塚公園(しんおおつかこうえん)
住所東京都文京区大塚1-8
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積5,728平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東京メトロ 丸の内線 茗荷谷駅 徒歩6分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト新大塚公園


多目的グラウンド(少年野球場)。

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

お茶の水女子大学や跡見学園、筑波大学付属高校など有名な学校に囲まれた公園です。
公園には半世紀以上の樹齢のサクラがあり、花見も楽しめます。

1965年に、住宅街から新大塚公園が誕生したしたのが始まり。
その後、2005年に廃止案がでましたが、住民からの反対でとん挫。
2017年に、新大塚公園がリニューアルオープンした公園です。

遊具などが新しく、とてもきれいです。
ただ、ブランコが2か所にあるなど、迷走感もある公園です。