【公園徹底攻略】余丁町児童遊園と富久町児童遊園

スポンサーリンク
公園

東京都新宿区にある「余丁町児童遊園」。
横に小さな面積の「富久町児童遊園」があります。
公園設置の看板には、この公園は一時的に公園にしているだけ、という記載があります。
と言いつつも、昭和26年開園なので、相当歴史のある公園です。

スポンサーリンク

余丁町児童遊園の遊具


かなり変わった遊具。
プレイウォールという名前とのこと。
1メートルほどの高さの塀、に囲まれた10数メートル四方の場所。
その中に小高い丘や、鉄製の迷路。

 


回転式滑り台。
結構な高さがあります。

 


地球儀。

 


ブランコ。

 


山型ウンテイ。

 


鉄棒。

 


よく見かける形のシーソー。

 


乗って遊ぶ遊具。
パンダさんと車。

 

富久町児童遊園の遊具


シーソー。
ちょっと変わった形。

 


砂場。

 

基本情報

公園名余丁町児童遊園(よちょうまちじどうゆうえん)
住所東京都新宿区余丁町4
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積1,453平方メートル
駐車場なし
交通アクセス都営新宿線 曙橋駅 徒歩約8分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト余丁町児童遊園


トイレはありますが、和式です。

 

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設☆☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

この場所は昔、東京監獄署市ヶ谷刑務所があったところです。
刑場でもあったため、慰霊碑もあります。

場所としては今は一時期公園という記載。
環状4号線開発が進むと、なくなる予定らしいです。

現在、設置されている遊具は、一言で表すと昭和。
昔の遊具はこうだった、というものがかなりあります。

あとはこの公園、夏祭り会場でもあります。
公園以前、以後の歴史があり、この先どうなるか不明という少し変わった公園です。

ではでは。