いま「仮面ライダービルド」を見るならどの定額動画配信サービスなのか

スポンサーリンク
動画配信・映画

平成仮面ライダーシリーズの第19作にあたる「仮面ライダービルド」。
物理学者という、頭脳は仮面ライダーという設定の近作。
製作者側は原点回帰も意識されているとのこと。
「仮面ライダービルド」が見られる「定額動画配信サービス」を紹介します。

スポンサーリンク

「仮面ライダービルド」が見られる定額動画配信サービス

動画サービス名称TVシリーズ映画料金作品数お試し期間
dTV×○(※有料)500円/月120,000以上31日間
Hulu××933円/月50,000以上2週間
U-NEXT×〇(※有料)1,990円/月140,000以上31日間
dアニメストア××400円/月約2,60031日間
auビデオパス×○(※有料)562円/月10,000本以上30日間
Amazonプライム・ビデオ××400円/月非公表30日間
Netflix××800円/月非公表30日間
アニメ放題××400円/月1,500本以上1ヶ月
TSUTAYA TV×○(※有料)933円/月32,000本以上30日間

「仮面ライダービルド」が見られる地上波放送

【テレビ朝日系列】毎週日曜 9:00~

「仮面ライダービルド」のあれこれ

歴史

2016年 アニメ放送開始「仮面ライダービルド」
2016年 映画 初放映

あらすじ

主人公はIQが高い天才物理学者である桐生戦兎。
主人公の変身では、モチーフが1つはなくフルボトルを2本組み合わせて変化する。
自らが発明した機械などで謎の組織「ファウスト」と戦う。
作品テーマは「高度文明への警鐘」と「科学の発展の果ては戦争なのか」。

映画

タイトル公開日
劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング2017年8月
仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー2017年12月
劇場版 仮面ライダービルド Be The One2018年4月

動画配信サービス一覧

 動画サービス名称 料金作品数お試し期間
dTV500円/月120,000以上31日間
Hulu933円/月50,000以上2週間
U-NEXT1,990円/月140,000以上31日間
dアニメストア400円/月約2,60031日間
auビデオパス562円/月10,000本以上30日間
Amazonプライム・ビデオ400円/月非公表30日間
Netflix800円/月非公表30日間
アニメ放題400円/月1,500本以上1ヶ月
TSUTAYA TV933円/月32,000本以上30日間
ゲオチャンネルーーー2017年6月終了

さいごに

近年の仮面ライダーシリーズにおいては、変身セット争奪戦があります。
変身セットのおもちゃをめぐって、お父さんや祖父が、通販サイトや大手おもちゃ屋で争奪という話。
クリスマス前にオークションサイトで値段が高騰していることが風物詩のようになっています。

大人を意識した点として、近作は初代『仮面ライダー』と近い点もあります。
敵組織に人体実験された主人公、バイクで戦うなど。

それにしても仮面ラーダーシリーズ、超ロングラン。
初代仮面ライダーが1971年ですから、2018年の今年は47年目。
あと3年で50周年です。

いまのお父さんの大半は1度はやったことがあるのではないでしょうか。
どの世代の仮面ライダーか分かりませんが、仮面ライダーの変身ポーズ。