いま「宮崎駿(映画作品)」を見るならどの定額動画配信サービスなのか

動画配信・映画
スポンサーリンク

日本アニメ界の巨匠「宮崎駿」さん。
半世紀以上、アニメに携わり数々の名作を生みだされました。
長編映画や短編映画、テレビアニメなどその作品は多岐にわたります。
今回は「宮崎駿」さんの作品中、長編映画が見られる「定額動画配信サービス」を紹介します。

スポンサーリンク

「宮崎駿」作品・長編映画一覧

作品名公開年役職興行収入
わんわん忠臣蔵1963年動画
ガリバーの宇宙旅行1965年原画,動画,ラストの演出
太陽の王子ホルスの大冒険1968年場面設計,原画
長靴をはいた猫1969年原画
空飛ぶゆうれい船原画
どうぶつ宝島1971年アイデア構成,原画
アリババと40匹の盗賊原画
パンダコパンダ1972年原案,脚本,場面設定,原画
パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻1973年脚本,美術設定,画面構成,原画
ルパン三世 カリオストロの城1979年脚本,監督6.1億円
風の谷のナウシカ1984年原作,脚本,監督14.8億円
天空の城ラピュタ1986年原作,脚本,監督,EDテーマ作詞11.6億円
柳川堀割物語1987年製作
となりのトトロ1988年原作,脚本,監督,EDテーマ作詞11.7億円
魔女の宅急便1989年プロデューサー,脚本,絵コンテ,監督36.5億円
おもひでぽろぽろ1991年製作プロデューサー31.8億円
紅の豚1992年原作,脚本,監督47.6億円
平成狸合戦ぽんぽこ1994年企画44.7億円
耳をすませば1995年製作プロデューサー,脚本,絵コンテ,EDテーマ補作31.5億円
もののけ姫1997年原作,脚本,監督,主題歌作詞193億円
ホーホケキョ となりの山田くん1999年制作15.6億円
千と千尋の神隠し2001年原作,脚本,監督308億円
猫の恩返し2002年企画64.6億円
ハウルの動く城2004年企画,脚本,監督196億円
ゲド戦記2006年原案76.5億円
崖の上のポニョ2008年原作,脚本,監督,OP・EDテーマ作詞155億円
借りぐらしのアリエッティ2010年企画,脚本,美術設定92.5億円
コクリコ坂から2011年企画,脚本44.6億円
風立ちぬ2013年原作,脚本,監督120億円

「宮崎駿」作品が見られる定額動画配信サービス

作品名dTVHuluU-NEXTdアニメストアauビデオパスAmazonプライム・ビデオNetflixアニメ放題TSUTAYA TV
わんわん忠臣蔵××××××××
ガリバーの宇宙旅行×××××〇(※有料)××
太陽の王子ホルスの大冒険×××××××
長靴をはいた猫×××××××
空飛ぶゆうれい船×××××〇(※有料)××
どうぶつ宝島××××××××
アリババと40匹の盗賊×××××〇(※有料)××
パンダコパンダ×××××〇(※有料)××
パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻×××××〇(※有料)××
ルパン三世 カリオストロの城××××〇(※有料)××
風の谷のナウシカ×××××××××
天空の城ラピュタ×××××××××
柳川堀割物語×××××××××
となりのトトロ×××××××××
魔女の宅急便×××××××××
おもひでぽろぽろ×××××××××
紅の豚×××××××××
平成狸合戦ぽんぽこ×××××××××
耳をすませば×××××××××
もののけ姫×××××××××
ホーホケキョ となりの山田くん×××××××××
千と千尋の神隠し×××××××××
猫の恩返し×××××××××
ハウルの動く城×××××××××
ゲド戦記×××××××××
崖の上のポニョ×××××××××
借りぐらしのアリエッティ×××××××××
コクリコ坂から×××××××××
風立ちぬ×××××××××

 

動画サービス名称料金作品数お試し期間
dTV500円/月120,000以上31日間
Hulu933円/月50,000以上2週間
U-NEXT1,990円/月130,000以上31日間
dアニメストア400円/月約2,60031日間
auビデオパス562円/月10,000本以上30日間
Amazonプライム・ビデオ400円/月非公表30日間
Netflix800円/月非公表1ヶ月
アニメ放題400円/月1,500本以上1ヶ月
TSUTAYA TV933円/月32,000本以上30日間

さいごに

会話に困ったときの話題の一つとして「好きな映画は何ですか?」があります。
さらに「好きな宮崎作品のTop3は?」などの、バリエーションもあります。

コレ、よく考えるとすごいことです。
認知度がそれだけ高く、作品数もそれなりにある。
作品バリエーションも豊富なので成り立つ質問。

そしてTwitterの「バルス祭り」のような社会現象まで巻き起こす。
アメリカのTwitter社員が、「バルス祭り」対応を要するというのは、面白いような当事者は大変だなぁと思うような。

宮崎作品は、自分が子どものころからテレビ放送を見て、ときに映画館に足を運び。
そして自分たちの子ども達も、その作品に触れる。

個人的には、子どもにも安心して見せられる、見て考えてもらえる作品が多いと思っています。

コメント