中高一貫校は増加、高校募集停止校も増加

スポンサーリンク
育児・子供観察

毎年、中高一貫校が増えているのをご存知でしょうか。
そして高校募集をやめる学校(高校募集停止高)も増えています。
また最近は、公立の中高一貫校も人気が高まっています。
この先、私立高校も所得制限付きですが無償化予定などルールもどんどん変わっていきます。

スポンサーリンク

中高一貫校の種類

中高一貫校とは、いくつかの分類があります。

法制面での分類

種類特徴高校で他校進学他校からの高校入学
中等教育学校中学校に相当する3年間を前期課程
高等学校に相当する3年間を後期課程
前期課程を修了すれば中学校卒業と同等資格
OK基本ナシ
併設型同一設置者が中学と高等を併設、連続して教育
中学校の卒業者は無試験で高等学校に進学可能
OKアリ
連携型異なる設置者間での設置も可能
1対nで、中高のどちらかが複数になることもある
OKアリ

 

高校入学者の扱い分類

種類特徴
完全中高一貫高等学校での生徒募集がない
併設型中高一貫校(別クラス型)高等学校から入学者(外部生)と中学校から入学者(内部生)が別クラス
併設型中高一貫校(混合型)高1~高3のどこかで、外部生と内部生を混合させる

 

公立と私立の中高一貫校の違い

種類内容
学費(授業料)公立中学=無料、私立中学=有料
公立高校=実質無料、私立高校=有料
カリキュラム公立=学習指導要領しばられる
「先取り学習」をするなら個人で行う必要アリ
私立=学習指導要領しばられない
5年で6年分の授業を行う「先取り学習」が多い
最後の1年は大学受験準備期間にあてる

 

中高一貫校の数の推移


出典:高等学校教育の改革に関する推進状況について(文部科学省)

確かに数は右肩上がりで増えています。
併設型が3/4で、大多数です。

 

高校募集していない学校

以下のように、高校募集を止める学校も増えています。

▼近年、高校募集を停止した学校

高校名停止年
浅野1997年
サレジオ学院1999年
大妻多摩1999年
学習院女子1999年
立教女学院1999年
獨協2000年
武蔵2000年
暁星2001年
光塩女子学院2001年
渋谷教育学園渋谷2002年
逗子開成2003年
実践女子学園2003年
清和女子短大付属2003年
田園貼付学園2003年
東洋英和女学院2003年
森村学園2003年
品川女子学院2003年
浦和明の星女子2006年
共立女子2006年
東横学園大倉山2006年
秀明2006年
聖学院2007年
吉祥女子2007年
穎明館2007年
大妻中野2008年
横浜英和女学院2008年
中村2009年
横浜女学院2009年
東京都市大付属2010年
海城2011年
神奈川学園2011年
洗足学園2011年
東京純心女子2011年
富士見2011年
攻玉社2012年
那須高原海城2012年
麹町学園女子2012年
東京女学館2012年
聖セシリア女子2013年
かえつ有明2013年
京北学園白山2014年
高輪2014年
東京学園2016年
東邦大付属東邦2017年
開智日本橋学園2018年
三田国際学園2018年

 

▼そのほか高校募集をしていない有名校

高校名
麻布
早稲田
駒場東邦
栄光
聖光
桜蔭
女子学院
雙葉
白百合学園
鴎友学園女子
頌栄女子学院
吉祥女子
立教女子学院
東洋英和女学院高等部
大妻
共立女子
普連土学園
光塩女子学院高等科
実践女子学園
山脇学園
フェリス
横浜雙葉
横浜共立
渋谷学園渋谷

 

中高一貫教育のメリット・デメリット

▼メリット
・高校受験する必要がなくなる(高校受験対策時間不要)
・大学までの一貫校の場合、大学受験も不要(内部進学)
・高校受験のための部活動をやめる必要がなくなる
・私立の場合中高6年中、5年で通常カリキュラムを終え、残り1年を大学受験準備にあてる
(公立は学習指導要綱に縛られるので先取り学習はできない)
・特に私立は校風がしっかりしている
・周りの学力レベルが同程度の可能性が高い
・学校にうまくフィットすると能力があがり、偏差値の高い大学に進学できる可能性が高まる
・ママ友付き合いが薄い、遠方からの集まりが多いため

▼デメリット
・レベルが高い学校の場合、ついていけなくなる可能性
・メンバー入れ替えば少ないので合わない場合は6年間つづけるかどうか
・小学5・6年時に遊ぶ時間が減る
・自宅より遠方の学校の場合、通学に時間がかかる
・学校までの距離があると休日に学校の友達と遊べなくなる
・富裕層が多い学校の場合、お坊ちゃんお嬢ちゃんが多い

 

さいごに

この先、教育に関してセンター試験廃止やプログラミング必修化など、いくつかの変更が決まっています。
少子化で大学全入時代でもあり、以前とルールが変わっていきます。

何かに挑戦するときに、ルールや前提情報を知らないと、スタート時点でビハインドです。
魚釣りをする時に、どこにどれだけの魚がいて、どの道具なら釣れるのか知っているかどうか。

それとともに、だれでも自分の得意分野があり、人よりうまくできることがあると思います。
放置するとマズイのはそれが中途半端で、実際にはたいしたことがない、という状況。
器用貧乏というのも、コレに属するかもしれません。

自分が少しできても、磨いていくとどこかで壁にぶち当たる。
人よりもその部分がなまじわかっているがゆえに、その分野で突出している人のレベルも理解できてしまう。
その時に、まだその分野を突き詰めていくのか、違う場所・分野にスライドするのか。

世の中には一定割合で、次元が違う仕事をされる方がいます。
そうした方と仕事をすると、悔しさとともに本当に学ぶことが多いです。
「自分はたいしたことがなく、スゴイやつはいる」

中学・高校や塾などで、次元の違う人が同世代に1人はいたと思います。
そういう人を間近で見ることは意義がありますし、正面で戦っても勝負にならないでしょう。
また、エースクラスと闘える武器を持っているのであれば、その中でもまれるのも、良い環境といえます。
実際は自分の技量のわずか上の人と切磋琢磨が一番能力が伸びる、ということが研究結果であります。

中学受験はたくさんある人生の分岐の1つです。
それでも、中学受験をするかも含め、真剣に考えるだけの価値がある分岐だと、僕は考えています。

ではでは。

◆今回のまとめ◆中高一貫校は増えている
高校募集停止している学校も増えている
近年やこの先も制度は結構も変わっている