【公園徹底攻略】亀戸中央公園 3つのブロックに別れた開放感ある広い公園

スポンサーリンク
公園

東京都江東区にある「亀戸中央公園」。
ABCの3つのブロックに別れた、かなりの広さの公園です。
元は日立製作所の亀戸工場跡地でした。
サクラの名所でもありますが、サザンカも有名です。

スポンサーリンク

児童コーナー(全体図①)


ターザンロープ。
レギュラーサイズの直線型。

 


足場を渡る、アスレチック式遊具。

 


滑り台、その1。
横にボルダリングがあります。

 


滑り台、その2。
2台ある意味は不明です。

 


ブランコ。

 


スプリング式遊具。

 


四角形の砂場。
この周辺の遊具は赤色が多いです。

 


かなり変わったタイプのシーソー。
相当古いものと予想します。

 


健康遊具。
その向こうに多目的トイレがあります。

 


健康遊具、その2。

 

木製遊具広場(全体図②)


シンプルな複合遊具。
滑り台が2つ、ついています。

 


ブランコ。

 


ヒツジさんと、ウサギさん。

 


四角い砂場。

 

そのほかの設備


亀戸スポーツセンター。

休業日毎月第2・4月曜日
12月29日~1月3日
電話03-5609-9571
施設・種目プール
大体育室、小体育室
トレーニング
公式サイト亀戸スポーツセンター

 


野球場。

利用時間3月~11月=9:00~21:00
12月~2月=9:00~16:00
休業日12/29~1/3
利用料金平日=1,900円/2時間
土・日・祝日=2,100円/2時間
夜間は照明料金1,500円/1時間
申込みWeb予約は以下
東京都スポーツ施設サービス

 

 


テニス場。

利用時間3月~11月=9:00~21:00
12月~2月=9:00~16:00
休業日12/29~1/3
利用料金1,300円/1時間
照明料 500円/1時間
申込みWeb予約は以下
東京都スポーツ施設サービス

 


モニュメント。

 


多目的広場。

 


芝生広場。

 


水が入っていませんが、じゃぶじゃぶ池。
木製の橋がかかっています。


中央休憩広場。


旧中川。

 

基本情報

公園名亀戸中央公園(かめいどちゅうおうこうえん)
住所東京都江東区亀戸8
開園時間なし
休園日なし
電話03-3636-2558
料金無料
面積103,026平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東武亀戸線 亀戸水神駅 徒歩2分
授乳施設なし
オムツ替え公園内トイレにオムツ台あり
公式サイト亀戸中央公園


サービスセンター。

 


トイレにオムツ替え台があります。

 


JR総武線がB地区とC地区の間を走っています。
電車好きの子どもも大満足。

 

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★★★☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

この公園、サクラで有名です。
約160本(ソメイヨシノ、サトザクラ)が咲き誇ります。

公園自体の面積が広いのと、周りに高いビルがないこと。
また、旧中川が横を流れていることなどから、開放感がある公園です。
東京スカイツリーも少し距離がありますが、見えます。

野草と言って良いのかわかりませんが、ヨモギ摘みもできます。
ただ犬も多いので、食べるかどうかは各自のご判断となります。

ではでは。

◆今回のまとめ◆公園がABCの3つのブロックに分かれている
子どもの遊具も大きく2箇所
じゃぶじゃぶ池もありかなり楽しめる