【公園徹底攻略】甘泉園公園 江戸時代の下屋敷跡の日本庭園がある

スポンサーリンク
公園

東京都新宿区にある「甘泉園公園」。
江戸時代、この土地は徳川御三家を補佐する役目の徳川御三卿の清水家の下屋敷でした。
現在も、山吹の井とも呼ぶ池を中心に広がる回遊式泉水庭園が残っています。
公園の南側には流鏑馬で知られる水稲荷神社があります。

スポンサーリンク

遊具(公園東側)


回転式滑り台。
面積が小さい場所に設置できる、意外とスリリングな滑り台です。

 


鉄製のわっかの遊具。

 


ブランコ4台。
座面が幼児向け2台と、普通の2台。

 


スプリング式遊具。
仰向けパンダさんと。電車さん。

 


砂場。
ちょっと変わった形をしています。

甘泉園公園

 

 

基本情報

公園名甘泉園公園(かんせんえんこうえん)
住所東京都新宿区西早稲田3-5
開園時間▼日本庭園部
3月~10月=7:00〜19:00
11月~2月=7:00〜17:00
休園日
電話
料金無料
面積14,235平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東西線 早稲田駅 徒歩7分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト甘泉園公園


遊具そばにあるトイレと公園管理事務所。

 


テニスコートもあります。

利用時間12月~1月=8:00~16:00
2月~5月,10月~11月=9:00~17:00
6月=9:00~19:00
7月=7:00~19:00
8月~9月=8:00~18:00
利用料金1面 1,500円/2時間
夜間照明 1,000円/1時間
申込み東京テニスナビ

 


水稲荷神社。

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★☆☆☆
その他の施設★★★★☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

この公園の名前(甘泉園公園)の由来は、園内の湧水がお茶に適していることからきています。
公園内の泉を含む庭園は立派で、樹木もツツジやアジサイ、モミジがたくさんあります。

子ども向けの設備なのかというと、子どもはまったく興味を示さないものばかり。
それでもこの近辺は江戸城から近かったこともあり、こうした大名屋敷の名残(景勝地)がいくつか残っています。

この公園、みどりの新宿30選、日本の歴史公園100選に選ばれています。
こういう〇〇選、たくさんありすぎて、意味をなしていないと思うのは筆者だけでしょうか。