いま「妖怪ウォッチ」を見るならどの定額動画配信サービスなのか

動画配信・映画
スポンサーリンク

2013年のゲームから派生したテレビアニメ「妖怪ウォッチ」。
2014年には流行語大賞候補にもなりました。
それくらいの一気に知名度が上がった作品。
「妖怪のせいだよ」という子供の反論も一時、話題になりました。

スポンサーリンク

「妖怪ウォッチ」が見られる定額動画配信サービス

動画サービス名称TVシリーズ映画料金作品数お試し期間
dTV500円/月120,000以上31日間
Hulu×933円/月50,000以上2週間
U-NEXT○※有料1,990円/月130,000以上31日間
dアニメストア×400円/月約2,60031日間
auビデオパス○※有料562円/月10,000本以上30日間
Amazonプライム・ビデオ400円/月非公表30日間
Netflix800円/月非公表30日間
アニメ放題400円/月1,500本以上1ヶ月
TSUTAYA TV933円/月32,000本以上30日間

「妖怪ウォッチ」が見られる地上波放送

【テレビ東京系列】毎週金曜 18:25~

 

「妖怪ウォッチ」のあれこれ

歴史

2013年 ゲームの第1作 発売
2014年 テレビ東京系列でテレビ放映開始
2014年 韓国でのテレビ放映開始、以降いくつかの国で放送

▼あらすじ

主人公である「天野 景太」は虫取りをしている最中に妖怪執事ウィスパーと出会う。
そして妖怪を見ることのできる不思議な時計・妖怪ウォッチを手に入れる。
主人公たちの住む街「さくらニュータウン」は、妖魔界への入口があるため妖怪が数多くいる。
たくさん出没する妖怪とトラブルになったり、友達になったりという物語。

映画

タイトル公開日収入
映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!2014年78億円
映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!2015年55.3億円
映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!2016年32.6億円
映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活2017年20.1億円

動画配信サービス一覧

 動画サービス名称 料金作品数お試し期間
dTV500円/月120,000以上31日間
Hulu933円/月50,000以上2週間
U-NEXT1,990円/月130,000以上31日間
dアニメストア400円/月約2,60031日間
auビデオパス562円/月10,000本以上30日間
Amazonプライム・ビデオ400円/月非公表30日間
Netflix800円/月非公表30日間
アニメ放題400円/月1,500本以上1ヶ月
TSUTAYA TV933円/月32,000本以上30日間
ゲオチャンネルーーー2017年6月終了

さいごに

妖怪ウォッチは、レベルファイブ社が発売したゲームソフトが原作のアニメです。
アニメがゲームになるというのは良く聞きますが、逆です。

社会現象クラスの人気急騰を考えると、相当会社が拡大したのかと想像しました。
ですが、2018年3月現在、レベルファイブ社の社員数は公式サイトでは300名でした。
自社ですべてを作っているわけではなく、うまく協業していると予想しました。

それにしても、それほど大きくない会社が流行語大賞にノミネートされるような状況。
勝手な想像ですが、社内はイロイロな意味で「お祭り」だったのではないでしょうか。

コメント