【おでかけ】富士急ハイランド・トーマスランドのチケットは子どものみフリーパスが良い

スポンサーリンク
お出かけ

富士急ハイランドの中にあるトーマスランド。
トーマス好きのご家族にはかなりのメジャースポットです。
富士急ハイランドの入園料が2018年7月より無料になりました。
子どもの状況にもよりますが、フリーパスを全員分購入するか考慮点です。

スポンサーリンク

トーマスランドのアトラクション11種

トーマスランドは2018年で20周年。
2018年に以下の2つのアトラクションが追加され、合計11種類になりました。
・ホッピングウィンストン
・トーマスのハッピースマイル

アトラクション名身長制限年齢制限雨天料金
トーマスのパーティパレードなしなし500円
トーマスとパーシーのわくわくライドなしなし×500円
トーマスのドキドキプレイグラウンドなしなし500円
ロックンロールダンカンなし3才〜×400円
みんなでツイストなしなし400円
いたずらクランキーなしなし×400円
うきうきクルーズなしなし×400円
GO! GO! バルストロード90cm〜なし×400円
立体迷路トーマス・サーカスなしなし×400円
トーマスのハッピースマイルなしなし×400円
ホッピング ウィンストン90cm~なし400円

 

1dayフリーパス料金はお得か

今回は子ども連れのご家族で、1dayフリーパスを購入するかどうかを考えます。
トーマスランドの乗り物のみ、子どもと大人が乗るというシミュレーション。

前提として、2018年7月14日から、富士急ハイランドの入園が無料になりました。
それ以前は大人=1,500円、子ども=900円が、入園料金が必要でした。
入園料金が無料になることにより、訪問ハードルが一段下がりました。

入園料は不要ですが、乗り物チケット代金が必要です。
乗り物に乗るたびに個別に購入するチケットと、フリーパスで乗り物乗り放題の2種類。

フリーパスも2種類あります。
朝から1日滞在できる1dayフリーパス(通常料金)。
午後より販売・利用開始されるアフタヌーンパス。

通常料金アフタヌーンパス
大人(18歳~)5,700円3,600円
中人(中高生)5,200円3,300円
小人(小学生)4,300円3,000円
幼児(1歳~)2,000円1,600円
シニア(65歳~)・妊娠している方2,000円1,600円

家族4人(大人2名、小学生1名、幼児1名)のフリーパス合計額は17,700円。
以下の試算ではこの家族構成を基準に考えます。

つづいて、トーマスランドのアトラクション(乗り物)料金表が以下です。
大人も子どもも同額、毎回チケット購入して乗る場合に必要な金額です。

アトラクション名料金
トーマスのパーティパレード500円
トーマスとパーシーのわくわくライド500円
トーマスのドキドキプレイグラウンド500円
ロックンロールダンカン400円
みんなでツイスト400円
いたずらクランキー400円
うきうきクルーズ400円
GO! GO! バルストロード400円
立体迷路トーマス・サーカス400円
トーマスのハッピースマイル400円
ホッピング ウィンストン400円
合計4,700円

今回は「トーマスランドすべてのアトラクションに1回ずつ乗る」とします。
トーマスランド以外のアトラクションには乗らない、という条件です。
トーマスランド11個のアトラクションを乗る個別チケット料金=4,700円。

 

1dayフリーパスアフタヌーンパス
4人全員フリーパス17,700円11,800円
子どものみフリーパス15,700円14,000円
4人全員個別チケット18,800円18,800円

1dayフリーパスでは、子どものみフリーパスが最安。
アフタヌーンパスの時間帯であれば、全員フリーパスが最安です。

ただし、この試算はトーマスランドの全アトラクションに1回ずつ乗るという条件。
実際は、混雑状況や子どもの疲れなどで全部周り切れなかったりします。
また、同じものを何度も乗るという状況になる気がします。

トーマスランドの大半のアトラクションが400円。
5回何かのアトラクションに乗ると2,000円。
子どもの1dayパスポートが2,000円(大人の1dayパスポートは5,700円)。
5回以上10数回乗るという目安であれば、子どものみフリーパスが最安。

実際は子どもが小さいと、全部周りきる前に子ども側が電池切れということもしばしば。
全制覇を狙わずゆっくり周るくらいが、気持ちの余裕を持てて良い気がします。

フリーパスのメリットもある

フリーパスの最大のメリットは「優先搭乗」でしょう。
フリーパスを全員が持っている場合のみ、こちらの入り口から、というルートがあります。

週末の混雑時など、行列が苦手な方などには、効果的。
小さな子ども連れで待つことが難しい状況のときも、一考の価値があります。

ちなみに平日はフリーパス優先搭乗はないです。
そもそも、平日はあまり混雑していません。
待たずに乗れるアトラクションもありますし、長くても数回待てば、人気の乗り物に乗れます。

あと幼児向けフリーパスには、記念品が付いてきます。
小さなバッジですが、こういうモノを子どもが喜ぶ月齢の時もあります。

そのほかのフリーパス割引情報

フリーパス前売券(富士急ハイランドWEBTICKET)

富士急ハイランド公式の、インターネット経由前売り券です。

料金通常料金割引額
大人(18歳~)5,200円5,700円500円
中人(中高生)4,700円5,200円500円
小人(小学生)3,900円4,300円400円
幼児(1歳~)1,900円2,000円100円
シニア(65歳~)・妊娠している方1,900円2,000円100円

外部サイト:富士急ハイランドWEBTICKET

CLUBフジQ会員料金

富士急ハイランドによる無料の公式会員サービスです。
フリーパス料金は上記の「富士急ハイランドWEBTICKET」と同額です。

外部サイト:CLUBフジQ会員料金

デイリーPlus(Yahoo)

デイリーPlusは、Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービスです。
月額540円(初月無料)が必要です。
遊園地のほか、映画、旅行 、ジム、レンタカー、マッサージ、エステ、ホテルなどの割引が受けられます。

料金通常料金割引額
大人(18歳~)5,300円5,700円400円
中人(中高生)4,900円5,200円300円
小人(小学生)4,100円4,300円200円
幼児(1歳~)1,900円2,000円100円
シニア(65歳~)1,900円2,000円100円

外部サイト:デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

エポスカードの優待割引

発行費・年会費永年無料のクレジットカードの「エポスカード」。
全国10,000店舗のレジャー施設が優待価格で利用できるエポトクプラザが利用できます。
エポトクプラザで「富士急ハイランド」で検索すると表示されます。

料金通常料金割引額
大人(18歳~)5,300円5,700円400円
中人(中高生)4,900円5,200円300円
小人(小学生)4,100円4,300円200円
幼児(1歳~)1,900円2,000円100円
シニア(65歳~)1,900円2,000円100円

外部サイト:エポスカード

以下のエポトクプラザで「富士急ハイランド」で検索してください。
外部サイト:エポトクプラザ

基本情報

施設名富士急ハイランド・トーマスランド
住所山梨県富士吉田市新西原5-6-1
開園時間10:00~17:00
休園日なし
電話03-5500-1111
料金無料
駐車場1,500円/1日
交通アクセス富士急行バスが首都圏および近県より発着
授乳施設トーマスランド内のトーマスレストラン
トーマスのドキドキプレイグラウンド
フードスタジアム横のインフォメーション
オムツ替え園内の各トイレにおむつ替えシートアリ
公式サイト富士急ハイランド・トーマスランド

 


レストランです。

 


お土産売り場。
限定物も含めトーマスグッズが充実しています。
たいていの子どもが、ダダをこねる場所です。

さいごに

総合評価★★★★★
子ども楽しさ度★★★★★
その他の施設★★★★★
料金★★☆☆☆
交通アクセス★★☆☆☆

富士急ハイランドに行って、絶叫系乗り物に乗らない。
遊園地好きな方からすると、苦行でしょう。

それでも子どもと遊園地に行く、そして子どもが小さかったら。
大半の時間は、子どもが楽しめるアトラクションで費やすことになるでしょう。

トーマスランドは、アトラクションが11種類もあります。
全部回ったとすると、相当の時間がかかります。
週末や混雑シーズンは、多分、周り切れないでしょう。

トーマスランドのアトラクションは、比較的小さな子ども向け。
ジェットコースターなども、スピードや高低差は抑えてあります。
よって子どものジェットコースターデビューに向いている施設です。
絶叫系は、富士急ハイランドの大人向けエリアに目白押しなのでバランスが良い施設す。

トーマスランドには、雨でも乗れるアトラクションは4つあります。
屋外遊園地で雨天時にも4つのアトラクションがあればよいのかもしれません。

遊園地は子どもが興奮して駆け回り、やがて疲れて親の抱っこで寝ることが多い場所。
後先考えず、全力ではしゃぎまわって電池が切れるという、子どもの典型的な動き。
周りから見ると、典型的な遊園地に行った家族像かもしれません。

ではでは。