【おでかけ】お台場・船の科学館 リニューアル中だが南極観測船「宗谷」はじっくりみられる

スポンサーリンク
お出かけ

お台場の南端に位置する無料施設「船の科学館(Museum of Maritime Science)」。
公益財団法人日本海事科学振興財団が運営する、海に関する入場無料の博物館です。
残念ながら2011年より2018年現在も、リニューアルのため、本館展示を休止しています。
それでも、別館展示もありますし、初代南極観測船「宗谷」など、見どころはあります。

スポンサーリンク

別館展示内容

本館がリニューアルのため展示休止中で、2018年現在はこちらの別館が開いています。
面積は大きくないですが、かなり密度が高い展示エリアです。
屋上に休憩スペースがあります。

初代南極観測船「宗谷」

映画『南極物語』でも有名な、宗谷。
実際に兄弟犬タロとジロのぬいぐるみ(?)も中に展示されています。
生活感の出るトイレや流しなども、見ることができます。
一応ですが、入場無料ですが、寄付金で協力することも可能です。
超電導電磁推進船「ヤマト1」に搭載された「超電導電磁推進装置」の展示もあります。

基本情報

施設名船の科学館
住所東京都品川区東八潮3-1
開園時間10:00~17:00
休園日毎週月曜(休日の場合はその翌日)
電話03-5500-1111
料金無料
駐車場最初の1時間300円、以降100円/30分
交通アクセスゆりかもめ 船の科学館駅 徒歩すぐ
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト船の科学館

さいごに

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★☆☆☆
その他の施設★☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★★

お台場の南端の屋内施設です。
駅そばですし、有料ですが駐車場もあります。

残念ながら本館が休館中なので、滞在時間は1時間というところ。
それでも、南極観測船「宗谷」は、かなりの部分を見ることができす。
横浜・山下公園にある氷川丸と比べても、見られる部屋などが多いです。

すぐ近くにメジャースポット、大江戸温泉があります。
また潮風公園という、魅力的な公園もあります。

海そばで潮風のにおいがするエリア。
この辺をぶらぶらと散歩するときに寄るには、良い場所の一つです。

ではでは。

◆今回のまとめ◆お台場の南端に位置する無料施設
本館リニューアル中で別館と宗谷がみどころ
海辺の散歩にぶらりと寄るには最適