【公園徹底攻略】窪町東公園 あまりにも印象的な伝説上の生物のオブジェ

スポンサーリンク
公園

東京都文京区にある「窪町東公園」。
北東から南西にかけて、途中、道で分断されたかなり細長い公園です。
一番の特徴は「カイザースラウテルン広場」のモニュメント。
そのインパクトは、記憶に残ります。

スポンサーリンク

遊具


汽車の遊具。
小さな子ども向けのものです。

 


ツイン滑り台。
こちらも斜度が緩いもの。


ブランコ2名分。

 


他ではみかけない、ネットのアスレチック。

 


スプリング式遊具2つ。
ウサギさんと鳥さん?

 


砂場。

 

カイザースラウテルン広場


一角獣(ユニコーン)。

 


魚。

 


アンモナイト。

 

基本情報

公園名窪町東公園(くぼまちひがしこうえん)
住所東京都文京区大塚3-30
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積7,559平方メートル
駐車場なし
交通アクセス地下鉄丸の内線 茗荷谷駅 徒歩2分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト窪町東公園

個人的評価

総合評価★★★★☆
子ども楽しさ度★★★☆☆
その他の施設★★★☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★☆☆

この公園、筑波大学東京キャンパス文京校舎の隣りにあります。
全体的に傾斜地で、窪町という名前もそれを表しています。

何といっても「カイザースラウテルン」オブジェが印象的。
文京区と姉妹提携しているドイツのカイザースラウテルン市シンボル。
カイザースラウテルン市のの彫刻家ゲルノト・ルンプフ、バルバラ・ルンプフ夫妻の作成した「神話空間への招待」という銅像です。

各作品のテーマ
・一角獣:ヨーロッパ大陸の伝説上の動物、偉大な力の象徴
・魚:日本の鯉をイメージしたもの、カイザースラウテルン市の紋章にも魚がある、幸運のシンボル、頭像は同市の発展に尽くしたフリードリッヒⅠ世、制作者から区民への友情のメッセージ
・アンモナイト:地球発展の歴史の起源、太古と日本文化の源、歯車は日本のテクノロジーとその急速な発展を表現
・かたつむり:渦巻状であることから進化のシンボル、静寂と瞑想
・銀杏の葉:東京の代表的な街路樹、日本への友好の気持ちを表現

何も知らずに夜の暗がりで、コレを見たら、子どもは泣き出すかもしれません。