【公園徹底攻略】豊洲五丁目公園 おおきなカニとサカナ

スポンサーリンク
公園

東京都江東区にある「豊洲五丁目公園」。
海の中をモチーフにした遊具が特徴の公園。
最大のモチーフが「かに」で、通称「かに公園」。
周りには高層ビルがある、谷間の公園です。

スポンサーリンク

遊具


かに型複合遊具。
遊具の周りは砂場です。
そして、この遊具は柵に囲まれています。

 


魚型固定遊具。
背びれがあるので、鯨ではなく魚。

 


機関車。
コレも小さな子どもは意外とはまります。

 


滑り台。
小さな子度向けの大きさ。

 


鉄棒。

 


ブランコ。

 

基本情報

公園名豊洲五丁目公園(とよす5ちょうめこうえん)
住所東京都江東区豊洲5-3
開園時間なし
休園日なし
電話
料金無料
面積1,998平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ
豊洲駅 徒歩3分
授乳施設なし
オムツ替えなし

個人的評価

総合評価★★☆☆☆
子ども楽しさ度★★☆☆☆
その他の施設★★☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

どういう経緯でカニとサナカ、他に貝など海の生物がが設置されたのか。
理由は分かりませんが、この付近の公園、比較的個性的な遊具が見られます。
遊具自体は比較的、小さな子供向けのものが多いです。

公園自体はそれほど大きくなく、大通りから1本入った立地。
こういう地域に根ざした公園は、付近住民の方には嬉しいのではないでしょうか。

この公園の周りは高層ビルが立っていますが、少し歩くとこの付近はまだ空が高いです。
湾岸エリアでもあり、海風を感じることができる土地です。

ではでは。

◆今回のまとめ◆通称「かに公園」
ほかにも大きな「魚」もいます
地域密着の落ち着いた公園