【公園徹底攻略】三栄公園 遠い昔の縄文時代の住居跡

公園
スポンサーリンク

東京都新宿区にある「三栄公園」。
四谷税務署の隣にある公園です。
公園へアクセスする道路が、大通りではなく1本中に入った場所。
そうすると途端に生活感があふれる新宿らしい雰囲気になります。

三栄公園の遊具


この公園のメイン、複合遊具。
高さも大きさも、かなりの大きさのものです。
滑り台がチューブ式のものも含め3つ。
アスレチック要素もあります。

 


ブランコが4人分。
幼児向け2つと、通常椅子2つ。

 


鉄棒。

 


フェンスに囲まれた砂場。
少し変形タイプ。

 


スプリング式遊具、2つ。

 

基本情報

公園名三栄公園(さんえいこうえん)
住所東京都新宿区三栄町24
開園時間なし
休園日
電話
料金無料
面積1,323平方メートル
駐車場なし
交通アクセス東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩5分
授乳施設なし
オムツ替えなし
公式サイト三栄公園



それほど大きくないトイレです。

 

個人的評価

総合評価★★★☆☆
子ども楽しさ度★★☆☆☆
その他の施設☆☆☆☆☆
料金★★★★★
交通アクセス★★★★☆

この公園付近では、縄文時代の住居跡が発見されています。
約4,500年前に人が住んでいた場所、ということです。

この公園、広場もそれなりの面積があり、追いかけっこもしやすそうです。
またベンチも比較的多く、大人が子どもを見守るにも適しています。

この付近は密集住宅街で、人口密度が高いエリア。
そうなると当然、子どもが集まってくる公園、という事になります。

ではでは。

◆今回のまとめ◆大型複合遊具に滑り台が3つある
面積は大きくないですがバランスの取れた公園
縄文時代の跡地

コメント